意外と知らない 部屋に合ったカーテンの色 色がもたらす効果

    部屋には欠かせないカーテン。そしてそのカーテンの色によって部屋の雰囲気が変わります。実際どこにどのようなカーテンをつけるのがいいのでしょうか。カーテンの買い替えの際に困らないよう、カーテンの色がもたらす効果や色の特徴について調べてみました。

    部屋に合ったカーテンの選び方 カーテンの色の特徴

    新居を建てたり引っ越しをしたりすると
    必ず必要なのはカーテンです。
    窓に合わせてカーテンを買わなくてはいけませんが
    その時、迷うのは何色のカーテンにするかです。
    部屋に合ったカーテンの選び方について調べてみました。

    安眠とリラックス カーテンの色 ブルー

    カーテンの色がブルーの場合はどんな効果があるのでしょうか。

    青の色というのは、心を落ち着かせる効果がある色です。イギリスのグラスゴー市という場所では、オレンジ色の該当を青色に変えたところ、犯罪が激減したという事例もあるほど。青色というのは精神を沈着させる色なのです。また、そういった神経を落ち着かせることから、催眠効果があるといわれる青色。

    オススメなのは、やはり寝室。落ち着いて眠れるインディゴブルーなどのカーテンは、寝室にピッタリです。ただし、寒色系は体感温度を下げると言われていますので、寒い部屋をより寒い印象にしてしまう恐れがあります。夏の時期に使うと涼しさを演出できるでしょう。

    青色には食欲を減退させる効果があるので、オススメできないのはダイニングやキッチン。やはり食事に関する場所は、温かみのある暖色系がオススメです。

    出典:http://curtain-navi.com

    心を落ち着かせる色はブルーということは
    寝室のカーテンには青色がおすすめですね。

    青色の心理→→  ①効果集中力を高める。 ②食欲を減退させる。③興奮を押さえる。④時間経過を遅く感じる。

    出典:http://www.monreve-japan.jp

    青色は仕事や勉強の効率をあげてくれそうですね。
    勉強部屋か仕事部屋のカーテンにおすすめ

    落ち着く色グリーン 緑のカーテンの風水は?

    緑色のカーテンはどんな部屋に合うのでしょうか。

    仕事でもプライベートでも、心がすさんだり肉体疲労がたまったりして「癒しが欲しい!」って時、ありますよね。



    そんな時、植物の近くに身を置くとホッと安らいだりするものです。



    とはいえ、忙しい日々の中では、自然豊かな場所に出かけていけるだけの時間はない(泣)!!



    ・・・それなら、インテリアとして緑色のカーテンを取り入れてみてはいかがでしょうか。



    こちらのような北欧デザインのカーテンだと、なおオシャレですよね!

    出典:http://fusuil.biz

    緑色は癒される色ということがわかりました。
    部屋ではリビングや寝室など気持ちが落ち着けるところに
    緑色のカーテンがぴったりですね。

    木々や高原などの自然を連想させる緑色には、心と身体にやすらぎをもたらす癒し効果があります。暖色にも寒色にも属さない中間色で、夏は涼しげな爽やかさ、冬には温もり感を感じさせます。 くつろぎ感がアップする緑色は、寝室・バスルームなどのカーテンやブラインドにおすすめです。

    出典:http://www.curtain-i.com

    安らぎの効果がある緑色
    落ち着ける場所に緑色のカーテンがおすすめですね。

    活動を促すカラー 赤色 どこの部屋のカーテンがベスト?

    力強い色の赤色
    レッドのカーテンはどこの部屋が合うでしょうか。

    闘牛士が戦う前に赤い部屋に入る…と言われているほど、赤は人を興奮させる力を持ちます。良い点では新陳代謝を活性化させたり、食欲を増進させたり、人を元気にさせるといった色です。ただし、部屋の大きな面積を占めるような大きめなカーテンにしてしまうと、少し落ち着かない雰囲気になってしまいます。

    オススメの取り入れ方は、白やベージュなどに赤い小花柄がプリントされていたり、細いストライプの線色で取り入れたり「柄」の一部として使うこと。もしくは、面積が大きくない小窓などに取り入れることをオススメします。

    オススメできないのは「寝室」。落ち着き眠りにつきたい寝室では、赤い色は避けましょう。

    出典:http://curtain-navi.com

    大きめな窓ではなく小さい窓のカーテンに赤色がおすすめとのこと

    赤色 (赤、朱色、ワインレッド、ピンク)には、食欲を促進させ、会話を弾ませる効果があります。赤色のカーテンほどリビングやダイニングに適した色はありません。

    赤色には、温度を感じさせる効果もあるので、冬の季節や北向きの部屋にもおすすめです。

    しかし、赤色には興奮作用があるので、勉強や読書など、何かに集中する部屋には向いていません。

    出典:http://knowhow.curtains.jp

    赤色のカーテンは適したと場所とそうでない場所があることわかった。

    シックな雰囲気の黒色のカーテンは??

    黒色のカーテンはインテリアとして人気ですが
    実際どうやって使うのがいいのでしょうか。

    ファッションでもカーテンでも、風水的な効果からすれば「黒一色」というのはあまり好ましくないコーディネートのようです。



    「信頼」を表す色ですから、ビジネスの場にはピッタリのコーデなのですが、併せて「孤独」という意味も持っているのでプライベートではちょっと・・・。



    他の人ととの関わりを避けているようにもとられがちな色なので、良い運気さんまでも「私、避けられてるのかな!?」と別の人の所へ行ってしまう可能性があります。

    出典:http://fusuil.biz

    人気の黒色のカーテンはいまいちおすすめではないようですが
    お洒落にしたり、ぐっすり眠るにはいいような気がします。

    一口に黒のカーテンといってもいろいろなデザインがあって、デザインによってはお部屋の雰囲気をシックにもガーリーにも演出できます♡次のカーテンは何にしようかなぁ…と考えているそこのあなた!ぜひ黒のカーテンでおしゃれなお部屋にしてみてください♪

    出典:http://iemo.jp

    お部屋の雰囲気を変えるのには黒色のカーテンがおすすめのようです。

    清潔感のある白色のカーテン どのような効果があるか

    定番の色、白色のカーテンにはどのような効果があるのでしょうか。

    白は、どんな色とも合わせやすいため定番の色とも言えますね。白には、気を浄化する力やリセットして基本に立ち返る力があるとされているため、すべてをリセットしてやり直したいと思っているかたにおすすめです。

    金の性質を持つ白は、金運アップにも効果的。北西の窓のカーテンを白に変えることで、金運と社会運アップの効果が期待できます。

    出世と収入アップを期待するかたにもおすすめですね。また、白はほかの色と組み合わせることで相乗効果を発揮することが多いため、別の色と組み合わせたカーテンもおすすめです。

    出典:http://spiritualism-japan.com

    白色のカーテンには心を浄化したりしてくれる効果があるようですね。
    気分転換にはいいですね。

    生きていれば、悩みも色々出てきます。



    仕事でもプライベートでも、「とにかく、一度全てをリセットしてスッキリさせた~い!」と思うことってありますよね。



    そんな時は、「白」が力を貸してくれます。



    風水における「白」は、まさにリセットの色。



    分類としては「金」の気が強い色なのですが、効果としては強い清浄作用を持っているんです。



    無意識に白いカーテンを選んでいる方も多いと思いますが、知らず知らずのうちに気持ちのリセットを助けてもらえているのかもしれませんよ。

    出典:http://fusuil.biz

    白色はリセットの色だそうです。
    気持ちをスッキリさせたいときは白色のカーテンがいいかもしれませんね。

    動画でわかる カーテンの色の決め方

    カーテンの選び方の動画を見つけました。

    色々な人の意見を参考にするのもいいですよね。

    関連するまとめ

    このまとめに関するまとめ

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気のまとめ

      TOPへ