洋服の収納方法はどんな感じ?おしゃれに見える洋服の収納方法!

毎年トレンドが変わるたびに増えていく洋服。また着れるかもとしまい込まれた洋服。様々な理由で増えていく洋服の収納方法はどうしていますか?クローゼットに?タンスに?はたまたコンテナに?多様化する収納方法の中で実用的かつおしゃれに見える収納方法をご紹介します!

多様化する洋服の収納方法

数十年前まではタンスにしまい込むという簡単な方法でしかなった洋服の収納方法。近年は溢れてしまった洋服をいかにコンパクトに収納するかというコンセプトで情報が溢れている状態です。住宅のそんなニーズに応えウォークインクローゼットのような収納専用の部屋を用意するなど多様化している状態ですね。

そんな溢れている洋服の収納方法の中からおしゃれに見える収納方法をピックアップしてご紹介してみたいと思います。

まず、収納方法を見ていく前に自分がどんなタイプの収納方法をしているのかを知ることが大切です。
クローゼットから溢れない量の洋服しか持たないという人や溢れてしまった洋服のために新たに収納方法を考えるという人、自分さえわかればいいと乱雑に収納している人や自分の中のラインに沿って収納する人など様々です。

あなたはどんなタイプの収納方法ですか?

上手に収納できなかったり片付けが苦手な人はいませんか?

理想的な洋服の収納方法

いつでも探しやすくてシワになっていなくてと理想は誰しもが高くありそうなっていたのなら言うことなしとなるのですが、現実はそうではなく着た洋服はそのまんま、選択し終えた洋服もそのまんま、部屋の中で山になって状態になっていませんか?

理想とされている洋服の収納方法とはどのようなものか考えてみたいと思います。

どんなにメイクを綺麗にしても、どんなに綺麗に髪型が決まっても着ている洋服がシワだらけだったりヨレヨレだったりすると清潔感がないと思われてしまいます。清潔感がないというだけでだらしない女性と思われたり何もできない男性と感じられてしまったりといい印象にはなりません。

買ったばかりの洋服でも収納方法が悪いためにシワだらけになってしまったなんて失敗をなくすためにも洋服に合った収納方法を知ることは大切ですよ!

洋服に合った収納方法を知る

チョイがけなどにももってこい!収納上手になるために必須アイテムと言っても過言ではないハンガーラックは部屋の雰囲気など壊さないようなものを選ぶと見た目もスッキリします。

思い出してみてください。お店で陳列された洋服はどんな形でディスプレイされていますか?
多くの洋服はハンガーにかけられていると思います。それには理由があって、ハンガーにかけるとまずシワになりにくい、次に片づけやすい、最後に見栄えがいい。特にトップスなどはハンガーにかけられて売られていますね。

パンツ類は三つ折りくらいに折りたたまれて棚に並べてあります。デニムのような硬くてしわになりにくい素材の洋服は枚数を重ねても問題なし。ただし綺麗に折りたたまれていることが条件になりますが・・・。
レーヨンやポリエステルが含まれている生地の場合はやはりトップスと同じようにパンツ用のハンガーに吊るされて陳列されています。

このように生地やテイストに合わせて収納方法を変えるということはとても大切です。
片づけが苦手という人や収納方法がよくわからないという人はまずハンガーにかけて収納するということから始めてみるというのもありだと思いますよ!

洋服に合った収納用品を知る

スリムハンガーなど収納スペースに合わせた道具選択は必須です!種類、用途に合わせたものを選びましょう。

収納方法がある程度知ったところで先ほどから出てきているハンガーのような収納用品についても知っておくちょ便利でしょう。

トップスなら普通のハンガー、パンツならクリップがついたパンツ用のハンガー、バルトならベルト用、バッグならバッグ用と用途によって収納道具が変わります。
また、衣替えをする人なら長期収納となるので長期収納に適した圧縮袋などの道具を使うとか収納ボックスと利用して限られたスペースを有効に使うなど工夫も必要です。

テレビショッピングなどで紹介されている便利収納グッズなどもチェックしてみると自分の生活に合った収納方法が見いだせるかもしれません。

収納場所を知る

最近は押し入れ収納もたくさんの商品が出回っています。自分の生活に合わせた道具を使って快適な収納スペースになるよう工夫しましょう。

最後に収納場所とそのスペースです。すでにクローゼットがある人はそのスペースを有効的に使用しなくてはなりません。収納スペースが決まっている人はいかに探しやすく、いかに便利に使えるようにするかが大切です。

今からクローゼットやチェストなど収納場所となるものを購入しようとしている人は、そのチェストなどが飽きのこないデザインなのか、使い勝手はいいのか、なにより必要な収納量が確保できるのかが大切です。

普段から押し入れなどをクローゼット代わりにする場合は布団と収納する場所を一緒にしないということを頭の片隅に置いておくといいでしょう。なぜなら布団から出たほこりや糸くずが同じ場所に収納するとついてしまう恐れが常につきまとうことになるからです。

せっかくシワなく綺麗に収納できてもいざ着る時にほこりだらけでは身も蓋もありません。押し入れの上段を洋服を収納するスペースとするのならば下段に布団などを収納するといった工夫が必要です。

洋服の収納方法例を見て参考にしましょう

ここからは実際に便利な収納グッズを用いて綺麗に収納されていたりおしゃれに収納されていたりする画像を見てみたいと思います。自分がしてみたい収納方法があった場合は参考にして取り入れてみましょう。

クローゼット編

クローゼットを上手に活用して無駄がなくすっきり見える収納方法を見てみましょう。
置く収納、掛ける収納、見せる収納とアイデアが満載です、ぜひ真似れる技は真似してスッキリ収納を目指しましょう。

クローゼットを上手に使った収納方法 ①

クローゼットを上手に使った収納方法 ②

クローゼットを上手に使った収納方法 ③

クローゼットを上手に使った収納方法 ④ 

クローゼットを上手に使った収納方法 ⑤

クローゼットを上手に使った収納方法 ⑥

クローゼットを上手に使った収納方法 ⑦

押し入れ編

押し入れは使い方次第で便利にも不便にもなる場所なのでよく考えてセッティングしなくてはなりません。ベッドを使用している人には無関係なことでも布団派の人にはセッティング次第で片づけにくい収納方法となってしまうからです。

押し入れを上手に使った収納方法 ①

押し入れを上手に使った収納方法 ②

押し入れを上手に使った収納方法 ③

押し入れを上手に使った収納方法 ④

押し入れを上手に使った収納方法 ⑤

押し入れを上手に使った収納方法 ⑥

押し入れを上手に使った収納方法 ⑦

洋服の収納方法のまとめ

クローゼットは既に収納しやすくハンガーポールがあったりするので便利かと思いますが、自分なりのアレンジをしたいという人には少し難があるかもしれません。
押し入れはそのまま利用するとなると中段の棚が邪魔になったり思い切ったリフォーム並みのアレンジが必要となり腕に自信がないと踏み込むのが怖くなってしまいます。

どちらの収納方法でも大好きな洋服を綺麗にしまいたいという気持ちの上で行うことには変わりないので自分いベストな洋服の収納方法を見つけると簡単になりますね。

これからもトレンドが変わるたびに増えてくであろう洋服をどうするか考えたうえでベストな収納方法を見つけてほしいと思います。
素敵な収納方法を見つけシワだらけのヨレヨレな洋服にならないよう努力していきたいですね。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ