高圧洗浄機の比較をしてみます!色んな場所の掃除ができます。

高圧洗浄機は、噴射する水の力で汚れを吹き飛ばすします。水圧が高いほど汚れがよく落ち、 短時間で洗浄できるため、水や電気の節約になります。その高圧洗浄機を比較してみます。どの高圧洗浄機を買うと良いのか、比較しないと分かりません。

高圧洗浄機を、幾つか比較してご紹介します

高圧洗浄機は、各社から、製品が出ています。それぞれに、特色があります。高圧な水を噴射して、その力で、汚れを除去していく製品です。比較してご紹介しますので、お読みください。

ヒダカ高圧洗浄機

この写真は、ヒダカ高圧洗浄機 「HK-1890」です。より使いやすく、性能が良くて、リーズナブルな価格でお求めになれる、高圧洗浄機を日高産業(株)がリリースした製品です。

「ヒダカの高圧洗浄機って、聞いたことないなあ。。」
という方も多いかもしれません。

出典:http://xn--2ds206bw3bfft75t.com

この高圧洗浄機は、聞いたことないと思われるかたが多いのも、それもそのはずです。このヒダカ高圧洗浄機HK-1890は、日高産業さんが初めて作った、オリジナル高圧洗浄機です。比較検討に、書いてみます。

日高産業の高圧洗浄機を比較検討してください。

家庭用高圧洗浄機売上トップ

日高産業は、昭和40年創業です。web上では、2000年以降、高圧洗浄機専門の通販ショップ「ヒダカショップ」を運営していました。その日高が、満を持して自社ブランドの高圧洗浄機を発売しました。比較してください。

Webサイトが充実

日高産業さんのWebサイトは、充実しています。国内で、家庭用高圧洗浄機の説明・アドバイスをネット上で行なっている販売店は、他にはないと思われます。その姿勢を比較してください。

他製品と比較してください。

この手の製品では、国内最高の最大許容圧力12MPaを実現していますので、掃除能力により、清掃時間の短縮になります。また、自吸機能がありますから、蛇口が近くになくても、使えます。他社製品と比較してください。

ヒダカ高圧洗浄機HK 1890 高圧洗浄機を使った洗車のやり方

ヒダカ高圧洗浄機HK-1890を使って、乗用車の洗車をしている動画です。簡単に洗車が出来てしまいます。比較検討するに値する製品です。

ケルヒャーの高圧洗浄機です。比較してください。

高圧洗浄機の中でも特に人気なのが、ケルヒャー社の製品です。他社に先駆けて、家庭用の高圧洗浄機を発売していた西ドイツのメーカーです。比較してみましょう。

静音性

高圧力の水を出すためにモーターを回しますから、騒音が出ます。その中でも水冷式モーターの場合は、静音性が優れるとされています。比較すると分かります。

動力源となる、電源は家庭用だと100Vで固定なので、性能差は大きく開きません

出典:http://chchchannel.com

性能差は大きく開かないと言えども、高圧洗浄機ですので、吐出する水の圧力は重要です。水圧の単位は MPa(メガパスカル)というものを使います。性能の比較の目安にしてください。

軽さ

同じ高圧洗浄機でも、キャスター付の機種を選ぶと、移動が楽です。キャスター付きを選んで、屋外でも、活動的に掃除をしてください。キャスター付きが便利なのは、比較するとわかります。

付属ブラシがとても便利です。水が飛び散ることなく掃除が出来ます。これが重要で、風向きとか気にしなくて、洗浄器を使うことが出来ます。付属ブラシがない製品を比較すると、気がつきます。

ケルヒャー 高圧洗浄機のウルトラフォームセットで泡まみれ洗車

ケルヒャーのウルトラフォームセットを使ってみた動画です。噂通りの泡­だったそうです。これは凄いですね。比較してみてください。

東芝 高圧洗浄機 HP-400Gを比較してください。

見た目はちっとも地味ですが、パワーは7.5Mpaと必要にして充分な性能です。ホースの長さが12メートルもあって便利です。そして、価格がリーズナブルなのが嬉しい。ヤフオクで1万1300円であったそうで、手に入れられたようです。比較すると、性能は同等にして、リーズナブルです。

掃除前と掃除後を比較

掃除前と掃除後を比較

これは、東芝 高圧洗浄機 HP-400Gを使用する前の、お住まいの壁です。緑色のカビのような汚れがこびり付いています。これを手で擦るのは、とても困難。

掃除後です。比較してください。

東芝 高圧洗浄機 HP-400Gを使って、お住まいの壁を、掃除した後の写真です。汚れが見事に取れています。掃除前の写真と比較すると歴然と分かります。

これも、掃除前と掃除後を比較したものです

掃除前のアップ画像

上記の掃除前後の、アップ画像です。掃除前は、この様な状態でした。緑色の汚れが見えています。この掃除前の写真と比較してみましょう。

掃除後と、比較してください。

この画像は、掃除後のお住まいの壁面です。汚れていたのが、見事になくなっているのが、掃除前と比較すると、お分かりになるでしょう。

東芝 WP-80C 高圧洗浄機

この動画は、東芝 WP-80C 高圧洗浄機を使って掃除しているところを撮影した動画です。この方は、ケルヒャーを買えば良かったという、ケルヒャーと比較した感想を書かれていました。

日立 コードレス高圧洗浄機です。

コードレスです

この日立の製品は、AW18DBLと言う製品です。18Vのバッテリー搭載で、ポータブルなのにパワフル洗浄をしてくれます。バッテリーなので、コードレスで、場所を選ばず簡単に洗浄できます。コードレスは、比較してもなかなか、他にはありません。

手軽さを比較してください。

何と言っても、この日立のAW18DBLは、コードレスなのが、特徴です。手軽に、高圧洗浄機を使うことが出来る、嬉しいバッテリー仕様です。

コードレスは、比較して有利。

掃除をする現場の近くに、水道や電源がなくても、高圧洗浄機を使って掃除が出来るのは、強みです。本当に場所を選ばずに、洗浄して掃除が出来ます。電源コードが必要でないのは、他製品と比較したら、有利な点です。

優れた操作性

この洗浄機は、ショートノズルで取り回しがよいのが特徴。本体のポケットにラクラク収納できるのも利点です。 作業に必要とするものを全て持ち運ぶことができます。比較してください。

高圧洗浄機を、大まかに、書いてみました。製品の比較です。

日立コードレス高圧洗浄機 AW14DBL / AW18DBL

日立コードレス高圧洗浄機 AW14DBL / AW18DBLの商品説明動画です。コードレスで手軽に高圧洗浄することが出来ます。掃除の現場でのセッティングが簡単に済みます。比較すると分かります。簡単に、高圧洗浄を開始できるのは、とてもありがたいことです。

 高圧洗浄機は、性能自体は、さほど差を感じることはないかも知れません。強力な水圧で、掃除をするのには、変わりはありません。
 使い勝手は、付属品などを比較してください。また、日立のコードレスの製品は、大変ありがたい事だと思います。高圧洗浄機は、使い始めるまでに、電源コードを繋いで、水を水道の蛇口から取ってきて・・。という手間が必要なのですが、その手間が大幅に省略できます。
 価格も重要な比較検討する項目です。セール期間なども、各店舗でありますので、その様なセール品を入手するのも、賢い選択です。高圧洗浄機の比較をざっくりとご紹介しました。どうぞ、ご参考にされてください。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ