記事ID81255のサムネイル画像

ベランダにタープを張ろう! 暑い夏もタープ一枚で快適に涼しく!

今年も暑い夏がやってきます! 今年は、ベランダにタープを張って、暑い夏を快適に涼しく過ごしてみませんか?最近のベランダ用のタープは、単なる日よけ機能だけでなく、より快適に過ごせるよう様々な工夫が施されています。いろんな種類のベランダ・タープを紹介します!

ベランダにタープを張って、夏を快適に!

今年も暑い夏がやってきますね。ベランダにタープを張りたいなと考えている人も多いのではないでしょうか。タープを一枚張るだけで、ベランダに日陰を作ることができ、室内の温度が下がって涼しく過ごすことができますよ。

タープは、見た目もオシャレなものが多く、近年、人気が出ている商品です。そのため、最近のタープは、単なる日よけ機能だけでなく、様々な機能が付加された商品が豊富です。ここでは日よけプラスαの機能がついたベランダ用タープをご紹介します!

【おすすめベランダ・タープ①】しっかりと紫外線カット&風通しにもこだわり

タカショー クールシェード モカ 2×3m

こちらのベランダ・タープは、紫外線・UVカット率がなんと約85%と、日差しをカットするだけでなくしっかりと紫外線までカットしてくれるという商品です。

こちらのタープは、風通しにも強いこだわりをもって作られています。風通しをよくすることで、熱気がベランダ内にこもることを防ぎ、室内にも心地よい風が吹き抜けられるように計算されています。

また、強度にも強い自信があり、3年使用後も耐久性にさほど変化はないそうです。日よけ+紫外線カット+風通し+強度が自慢のタープでした。

【おすすめベランダ・タープ②】オシャレでかわいいタープをベランダに!

はっ水加工のベランダ 目隠し エアリー

写真は、タープを張った後、室内から外を見たときの画像です。どうですか! 淡いオレンジに薄い水色に薄いグリーンのタープ。オシャレですよね~。

こちらのタープは、オシャレなだけじゃありません! なんと、タープには撥水加工が施されており、雨のふりこみを防いでくれるのです。ベランダに洗濯物を干すときなど、便利ですよね。

もちろん遮光率も抜群で、UVカット率も95%を誇ります。オシャレなレースという見た目からは想像できませんが、実はきちんと仕事をしてくれるタープなのです。

ベランダは、意外と人目につくもの。どうせならオシャレなタープで道行く人の目も楽しませたいものですね。

【おすすめベランダ・タープ③】フェイク・グリーンでベランダに彩を!

フェイクフェデラ グリーンターフ ミックスカラー

緑のカーテンにあこがれて、夏にかけてヘチマなどを栽培した経験がある方も多いのではないでしょうか? こちらのタープは、栽培の手間がいらないフェイク・グリーン・カーテンになります。ベランダに緑があるとほっとしますね。

実は、私も数年前に緑のカーテンにあこがれて、へちまを育てたんですが、見事に失敗してしまいました。ちゃんと野菜用の植木鉢を買い、土も買い、肥料も与え、水やりも欠かさなかったんですが、なぜかまばらにしか埋まらず、まったくベランダの日よけの役目を果たしてくれませんでした。

しかも、ヘチマは花をつけるので、その花に蜂が寄ってくるという事態が発生! ベランダに洗濯物を干しに出たいのに、出られないということに……。

その点、こちらの「フェイクフェデラ グリーンターフ ミックスカラー」なら、水やりの手間もいらず、最初から美しいグリーンを楽しむことができます。もちろん、蜂も寄ってきません!

「フェイクフェデラ グリーンターフ ミックスカラー」は、普通のタープに比べて、やや隙間があるため、木漏れ日を感じられることもできます。

また、普通のグリーン・カーテンなら、下から植物が生えているので動かすことができませんが、この「フェイクフェデラ グリーンターフ ミックスカラー」なら、自由に動かすことができます。台風のときなどは、室内に閉まっておくことも可能です。ベランダからグリーン・カーテンが落下!なんていう事故を起こすことはありませんね。

【おすすめベランダ・タープ④】南向きのベランダで強い日差しにお困りの方へ

断熱省エネターフ

こういうアルミ風のタープを張っているおうち、見たことありませんか?アルミ=金属を連想させるため、本当に中が涼しくなるのか、熱がこもってしまうのではないか、と感じる方もいるのではないでしょうか。

実は、私もそう思い込んでいたうちの一人でした。アルミが太陽を反射してギラギラしているように見えて、タープの中に熱がこもっているように思えたのです。

しかし!それは大きな間違いでした。なんとこの素材のタープは、驚異の遮光率95%を誇り、さらに中から外を見ると、透けて見え、風通しも抜群に良いのです。ベランダに吹き込んだ涼やかな風を室内にしっかりと取り込んでくれます。

このタープは、室内が畳である場合に強くお勧めします。遮光率95%ですので、畳が日焼けしてしまうのを防ぐことができます。

ちなみに、このタープは、外からは中の様子が全く見えないので、プライバシーもしっかりと確保してくれます。

【おすすめベランダ・タープ⑤】思い切ってリフォームしてみる!

LIXIL 彩風(あやかぜ)

どうですか!? 費用は上の4つとは比べ物にならないぐらいかかりますが、とってもオシャレで建物とマッチしているタープだと思いませんか?気に入ったタープが見つからない場合、思い切ってベランダをリフォームする感覚でタープを取り付けてみるというのも一つの手段です。

LIXIL にはいろんなタイプの日よけがあります。写真は、ベランダのない窓だけの場所にも取り付けられる「彩風 壁付ウィンドウタイプ」です。

LIXILの彩風なら、紫外線カット率もほぼ100%だそうです。さらに、普通のタープなら、台風などが来る際には、室内に撤去しておくなど、風に飛ばされない工夫が必要ですが、こちらの商品は、ベランダに施工してしまうので、強靭な耐久性を誇り、少々の風にはびくともしないそうです。

さらに、驚きなのは、彩風の中には電動リモコンで開閉できるタイプのものが存在することです。角度を調整する際にいちいちベランダに出ることなく、室内からリモコン一つで操作できるのです。

リフォームというと大事ではありますが、その利便性や機能は簡易的なタープとは比べ物にならないほど便利なものですね。

まとめ

以上、ベランダに張れるタープをご紹介しました。機能優先のものから、オシャレなものまで様々でしたね。予算なども考えて、お気に入りのタープを見つけてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ