サルスベリ、別名「百日紅」の育て方 花の見ごろや木の剪定方法

「百日紅」(ヒャクジツコウ)という名前より、サルスベリという名は聞いたことありますよね。初夏から秋頃まで鮮やかな花を咲かせます。シンボルツリーとしても人気です。百日紅について、育て方、その他いろいろまとめました。花や木の育て方は知っておいて損はありません。

百日紅(サルスベリ)とは

まずは、百日紅とはどういったものかご紹介します

百日紅(サルスベリ)とは

百日紅は中国原産の落葉高木です
日本には江戸時代に渡ったとされていますが、詳しい経緯はよくわかっていません
開花時期は7~9月頃です

百日紅(サルスベリ)の花

百日紅の花は紅色が一般的ですが、ピンクや白、濃い紅紫などの花の色もあります
夏を代表する花木で、鮮やかな色が夏にぴったりです

百日紅(サルスベリ)の花言葉

百日紅の花言葉は、木の外観に由来するものが多いのです
まず花言葉である「雄弁」は枝先に花が群生する様子からつけられたそうです

百日紅(サルスベリ)の花言葉

百日紅の幹の形状は特徴的で、サルでも滑りそうなほどつるつるとした木肌です
そこから「愛嬌」「不用意」といった花言葉がつけられました

百日紅(サルスベリ)は朝鮮半島の悲しい恋物語

旅をしていた王子が竜神を退治し、生贄の娘を助けました
2人は恋人となり100日後に再開する約束が、目前になり娘が他界してしまい果たせませんでした
その娘のお墓から紅色の花が咲く木が1本生えてきて、村人たちは「百日紅」と名付けました

この朝鮮半島のお話が元になり、「あなたを信じる」という花ことばもあります

百日紅(サルスベリ)の種からの育て方 

百日紅は2~10mにもなる落葉の高木ですが、種からでも育てられるんです
育て方はどうしたらよいのでしょうか

百日紅(サルスベリ)の育て方 ~種まき~

百日紅は樹木なので苗木を購入して育てるのが一般的ですが、種まきする育て方もできるんです
秋に収穫した種を育成し、花が咲くまでは2年以上かかります

百日紅(サルスベリ)の育て方 ~果実を干す~

こちらは百日紅の果実です
秋の11月頃に果実を採取し、日当たりのいい場所に数日間干します
中から種子が飛び出して来たら、乾燥しないように保存します

百日紅(サルスベリ)の育て方 ~種まきポットにまく~

4~5月頃の暖かくなってから、種まき用のポットに種をまきます
育て方は、水切れしないように半日陰で管理するのがよいでしょう
1か月ほどで発芽します

百日紅(サルスベリ)の育て方 ~植え替え~

百日紅の株がある程度しっかりと育ってきたら、ポリポットに植え替えしましょう
その後は日向で育てます
生長に合わせて適宜植え替えを行います

百日紅(サルスベリ)の苗木からの育て方

購入した百日紅の苗木の育て方はどうでしょうか

百日紅(サルスベリ)の苗木からの育て方 ~植え付け~

百日紅の苗木は、芽が出始め前の3~4月か、落葉する10~11月の間に植え付けをします
苗木の育て方は、鉢植えでも地植えでもどちらでも大丈夫です

百日紅(サルスベリ)の苗木からの育て方 ~鉢植え~

百日紅を鉢植えで育てる場合、7号以上の大きめの植木鉢が良いでしょう
高木になるので、しっかりと根が張れるようにしてあげます

百日紅(サルスベリ)の苗木からの育て方 ~土~

百日紅を鉢植えにする際、赤玉土(小~中)7:腐葉土3の割合に化成肥料を混ぜ込んでいきます
市販の花木用の培養土を使用することできます
植え付け後は鉢底から水が流れ出るくらい、たっぷりと与えてあげましょう

百日紅(サルスベリ)の苗木からの育て方 ~地植えの場所~

百日紅を地植えする場合は、日当たりよく風通しがいい環境を選んであげます
根鉢の倍の深さと穴を掘り、腐葉土やたい肥を混ぜ込み苗植えをします

百日紅(サルスベリ)の苗木からの育て方 ~植え付け~

百日紅を植え付けたら、地面を棒や足で踏み固めておくと根付きがよくなります
植木鉢に植え付けたように、最後に水をたっぷりとあげます

百日紅(サルスベリ)の苗木からの育て方 ~基本~

通常の育て方、また育て方で気を付けるポイントなどをまとめます

百日紅(サルスベリ)の育て方 ~水やり~

育て方はいたってシンプルです
地植えの場合は水やりはほとんど必要ありません
鉢植えの場合でも、土が乾燥したら与えるぐらいで大丈夫です

百日紅(サルスベリ)の育て方 ~肥料~

百日紅の植え付けの時に化成肥料を土に混ぜ込んでいるので、2月と9月頃に油かすと粉骨を混ぜたものや化成肥料を施すのがベスト

百日紅(サルスベリ)の育て方 ~うどんこ病~

3~4月頃に糸状のカビが発生することがあります
百日紅の木に寄生して冬を越した菌が原因が多く、茂りすぎた気を間引きして風通しを良くすることで予防します

百日紅(サルスベリ)の育て方 ~カイガラムシ~

白い楕円形のカイガラムシが樹液を吸汁します
百日紅の開花の時期を含め、年に2~3回ほど発生することがあるので気を付けましょう
見つけたらこすり落とし、薬剤を散布します

百日紅(サルスベリ)の育て方 ~剪定方法~

大きく育った百日紅はどのように剪定したらよいでしょうか

百日紅(サルスベリ)の育て方 ~剪定方法~

百日紅の剪定は2~3月中旬に行います
木の内側の枝や混みすぎた枝(Aのあたり)と、上方向に勢いよく伸びる枝(B)を切り除き、株の内側にも日が当たるようにすると全体に花を咲かせます

百日紅(サルスベリ)の育て方 ~2度切り~

夏に開花枝の花房の下、2~3節目を一斉に切り戻す剪定方法を2度切りといいます
花房の下2~3節目をきることで、新しい枝が伸び、再び枝先に花を咲かせてくれるのです
切り戻しをすることで、百日紅の枝が増え、花数も増えるということなんです

百日紅(サルスベリ)の育て方 まとめ

百日紅(サルスベリ)の花はとても鮮やかで、夏にぴったりです
お庭でも、鉢植えでもあると素敵です
育て方もそれほど難しくないので、いかがでしょうか

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ