記事ID38892のサムネイル画像

観葉植物で運気UP!パキラがインテリアに人気の理由とおすすめサイズ

観葉植物のパキラは、初心者でも比較的簡単に育てられます。そんなパキラは、観葉植物の中でも人気の種類です。そこで、パキラの花言葉や種類、インテリア実例をご紹介します。さらに値段の相場なども調べましたので、これから購入を検討される方はチェックしてみて下さいね。

風水でも人気の観葉植物パキラ

パキラはとても有名な観葉植物で、インテリア性も高く人気。

茎部分は編みこみされているものが多く、直線的に上に成長していきます。
強い光を好みますが、半日陰でも育てることができるので初心者にピッタリな観葉植物です。

風水でも運気UPの観葉植物として注目されています。

観葉植物パキラの花言葉とその意味は?

パキラの花を見たことがある方は少ないのではないでしょうか?

パキラにもちゃんと花が咲きます。しかし、パキラが花を咲かせるにはたくさんの条件があり、市販されているパキラではほとんど見られません。

パキラの花が咲くには、種から育てなければなりません。
日本で市販されるパキラはほとんどが挿し木によって増やされるため、花を咲かせないのです。

また、種類によって咲かせる花も違います。

そんなパキラの花言葉は2つあります。

1つは 『快活』
パキラは生命力が強く、寒さや乾燥に強く日陰であっても育つことができるところからつけられたようです。

もう1つは『勝利』
ある言い伝えによると、貧しい人がパキラを育ててそれを売ったところたちまちお金持ちになったという言い伝えから、パキラは「発財樹」とも呼ばれるようになりました。

観葉植物のパキラには種類がある!

よくみる観葉植物のパキラは、実は、種類があるのでご紹介します。

パキラ・グラブラ

現在、日本に流通しているのは『パキラ・グラブラ』という種類だそうです。

パキラが日本に輸入され始めた時に、『グラブラ』を『アクアティカ』と勘違いして名付けてしまい、そのまま広まってしまいました。

実際は、現在では『アクアティカ』の方はほぼ出回っていないようです。

パキラ・アクアティカ

グラブラとアクアティカの区別は難しいのですが、花と果実の色が違います。

グラブラの花は白で、果実の色は緑っぽい茶色ですが、アクアティカは花が赤く、果実の色は茶色です。

斑入りパキラ

きれいな白の斑が入ったパキラ。葉の形もかわいらしい人気の観葉植物です。

ホームセンターや100均にも最近出回っている種類ですね。

パキラ・ミルキーウェイ

斑入りのパキラで、くねくねと曲がった幹と斑のある葉が特徴的です。

個性的でおしゃれですね。

通販でも購入可能!観葉植物パキラの値段相場は?

観葉植物は値段が高いイメージですよね。
しかし、パキラは観葉植物の中でも比較的リーズナブルに手に入れる事ができます。

小さいものなら2,000円~3,000円で取引されているようなので、それも人気の理由のひとつですね。

パキラ

ねじり7号
¥5,982(税込)

観葉植物は、主に鉢のサイズによって大きさが変わります。
7号の場合こちらのショップですと全体高さが約75~85cm、全体幅が約30~40cmのようです。
一般的に人気なのは、大きすぎず小さすぎないこれ位のサイズですね。

置くだけでおしゃれに!パキラのインテリア実例

観葉植物のパキラは、初心者でも簡単に大きく育てられるので、インテリアでも大活躍しています。

ソファーの隣にパキラを置くだけで、おしゃれで癒されますね。

テレビの横にさりげなく置いてあっても存在感がありますね。

窓辺に置いても、美しいグリーンが引き立って綺麗です。

圧倒的な存在感で、抜群のセンスがある飾り方ですね。

鉢の形や色にこだわってみるのも、パキラが引き立っていいですね。

コンパクトなサイズなら一人暮らしなどでも邪魔になりません。

パキラの魅力まとめ

いかがでしたか?
観葉植物のパキラに興味をもっていただけましたでしょうか。

いろんなインテリアでの飾り方がありました。
育てやすい観葉植物のパキラが、今後の癒しアイテムとしてますます注目されていきますね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ