室内でも植物を育てよう!室内でも育てることのできる植物をご紹介☆

植物は、外で育てるものと思っている方もいるかもしれませんが、植物は室内でも育てることができます。今回は、室内でも育てることのできる植物をご紹介します。室内で育つ植物はどんなのがあるのでしょうか?皆さんも、これを機会に室内で植物を育ててみませんか?

室内でも植物は育てられます!

植物を育てるには、お日さまが当たる暖かいところが最適だと思いますよね。
実は、室内でも植物を育てる事とができるのを知っていますか?

今回は、室内でも育てることのできる植物をご紹介します。

【室内での植物選び①】光を考慮して置く場所を決める

では、室内で植物を育てる時のポイントをご紹介します。
一つ目は、「光を考慮して置く場所を決める」です。

まず室内に置く場所の明るさを確認する必要があります。

出典:http://a-t-g.jp

なぜなら植物は光がないと生きていけず、植物によって差はありますが、日照不足になると元気がなくなり、次第に枯れてしまうからです。

出典:http://a-t-g.jp

①室内でも日当たりのよい場所

日光がよく当たる窓際は観葉植物が一番生長しやすい環境です。

出典:http://a-t-g.jp

夏場の直射日光は避けたほうが良いのですが、ほとんどの観葉植物はこの明るさで元気に育てることができます。

出典:http://a-t-g.jp

②室内でもレースのカーテン越し(明るい日陰)

室内で育てられる観葉植物は、直接日光が当たらないレースのカーテン越しでも元気に育つことができます。

出典:http://a-t-g.jp

また夏の直射日光も遮ってくれるため、この明るさでも観葉植物は元気に育つことができます。

出典:http://a-t-g.jp

③室内の蛍光灯(日陰)

日光が当たらず蛍光灯の明るさだけが頼りの場所では、日陰に強い観葉植物であれば元気に育つことができます。

出典:http://a-t-g.jp

しかし日陰への耐性がない観葉植物であれば、週に3~4日ほど日光の当たる場所へ移動して、一回につき5時間以上日光浴をさせたほうがよいでしょう。

出典:http://a-t-g.jp

④室内の白熱球(暗めの日陰)

白熱球だけが頼りの部屋は日陰の中でも特に暗い場所といえるでしょう。この明るさの場所では、日陰に強い観葉植物でも長期間育成することは困難です。

出典:http://a-t-g.jp

週に3~4日ほど日光の当たる場所へ移動して、一回につき5時間以上日光浴をさせたほうがよいでしょう。

出典:http://a-t-g.jp

このように、室内では直接太陽の光を当てることはできませんが、日照りのいい部屋や電球などを当てるといいのですね。

【室内での植物選び②】形や大きさが変わることを考慮する

続いての室内で育てる植物を選ぶ時のポイントは、「形や大きさが変わることを考慮する」です。

観葉植物の成長の仕方は大きく分けて2パターンあります。
1つ目は上に向かって成長する植物。2つ目は下に向かって成長する植物。

出典:http://a-t-g.jp

成長のスピードなどを考慮して選ぶことも大切なポイントの1つと言えます。

出典:http://a-t-g.jp

確かに、室内で育てた植物が、天井の高さより大きくなっては困りますよね。
室内で育てる場所を考慮して、植物を選びましょう。

【室内での植物選び③】観葉植物を置く場所は寸法を測っておく

室内での植物選びの最後のポイントは、「観葉植物を置く場所は寸法を測っておく」です。

室内に観葉植物を飾るときは、家具等とのサイズ感も考慮したいものです。

出典:http://a-t-g.jp

例えば卓上に置く植物でもテーブルに対して植物が大きすぎれば邪魔になるでしょう。

出典:http://a-t-g.jp

また、大きい観葉植物が欲しくて買っていざ、置いてみたら植物が天井にあたっては植物も可哀そうですし、せっかくのインテリアが台無しです。

出典:http://a-t-g.jp

これらを防ぐという意味でも植物やインテリアのサイズを予め測っておくほうが良いでしょう。

出典:http://a-t-g.jp

このように、室内で植物を育てるときは、あらかじめ寸法を測っておくと、問題ありませんね。

【まとめ】室内で実際に植物を育ててみよう。

以上、室内で実際に植物を育てる方法をご紹介しました。

いかがでしたか?
このように、室内で植物を置く場所やサイズをきちんと測れば、植物を室内で育てることができます。
皆さんも是非チャレンジしてみてくださいね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ