記事ID65280のサムネイル画像

ガーデニング(園芸)であなたの人生を少し楽しくしてみませんか

ガーデニング(園芸)であなたの人生を少し楽しくしてみませんか、ガーデニング(園芸)は土をいじって花や植物などと触れ合うことで日々の疲れを忘れさせてくれるのではないでしょうか。この記事では初心者さんも安心して明日からガーデニング(園芸)を始められるまとめです

初心者さんも安心ガーデニング(園芸)

ガーデニング(園芸)のスタートに欠かせないのが「寄せ植え」です。
手軽にガーデニングを楽しむには寄せ植え!ポット1つは100円からありますし、どれを組み合わせたら素敵になるかわからないという場合もホームセンターにキットが売っていて簡単です。
春、夏、秋、冬の4バージョンくらいで植え替えていくと綺麗に保てます。季節感もたっぷり入れてみましょう。
ただ一つ重要なことがあります。丈夫な強い植物を選ぶということです。
玄関は北や西が多くあまり日が当たりません。売り場の人に「寄せ植えでとにかく強いものを。」と聞いてみてくださいね。

寄せ植え

寄せ植えとは?ガーデニング(園芸)には必須の作業です

寄せ植えとは、1つの場所に複数の植物を植えることをいいます。育つ環境が似ている草花を組み合わせて鉢やプランター、庭などに植え、色や形、高低の違いを楽しみます。

観賞や展示に向いている反面、長期栽培には向きません。中心となる植物を1年草などで囲い、自分の好みに合わせて1つの季節を楽しむのがおすすめです。

カートに置いても可愛さアップ

鉢にこだわっても寄せ植えができていないと残念なのでコツをまとめました
花姿や葉っぱの形や分厚さ、大きさなどが似ているものを選ぶことで、全体的に調和がとれたガーデニング(園芸)になりますよ。背の高いものを後ろに配置し、背の低いものを前にすることで立体的な寄せ植えになります。また、左右対称や上・横・下向きに伸びる植物をバランスよく植え付けることでより、まとまりがでます。

青い花が素敵です 寄せ植え

植物が好む土には、湿地や乾燥、酸性やアルカリ性といった違いがあります。また、植物の耐陰性・耐寒性・耐暑性といった耐えられる環境も様々です。

違う環境を好む植物を寄せ植えにしても、すぐに枯れてしまいます。性質が似ているかどうかの目安として、同じ属や科、開花前の生育期間が被っていることなどがポイントです。 ガーデニング(園芸)は土や湿度など手のかかるところもあります

木製の箱でナチュラル

ガーデニング(園芸)をする上で寄せ植えはきれいに見せるコツでもあります
色の組み合わせで、寄せ植えの印象は大きく変わります。特に、同系色や反対色でまとめ、色数を3つ以内に抑えると視覚的に調和がとれるといわれています。

赤、ピンク、オレンジなどの暖色系、青、紫などの寒色系でまとめると落ち着いた寄せ植えに。紫と黄、青とオレンジ、赤と緑などの反対色は、互いを際立たせて鮮やかな印象に仕上がります。同系色のグラデーションやパステルカラーを集めるのもおすすめですよ。

ガーデニング(園芸)で四季を感じよう

冬〜春バージョン。冬に汚くなった植物をいくつか取り除き、間にちょっと春らしいピンクを入れていきます。こうして季節の変わり目も少しずつ変えていけばナチュラルです。丈が伸びてきた植物はカットするとまとまりが良くなります。ガーデニング(園芸)で心も豊かになりそう

春はチューリップ

地中海沿岸から中央アジアにかけておよそ150種が分布する球根植物です。その中の1種、トゥーリパ・ゲスネリアーナから改良された園芸品種が、最も親しまれています。育てやすく種類もたくさんあるので昔から人気の高い定番球根植物の一つです。
日当たりのよい場所が理想的。冬のベランダではよく乾くのでベランダで栽培する場合はそこに注意したい。寒さには強いので特に防寒対策を行う必要はありません。
有機質に富んだ水はけのよい土 例:赤玉土(小)7 腐葉土2 川砂1 市販の「球根の土」でもよい。土にも色々な種類がありますが調べながらガーデニング(園芸)も楽しいのでは。

夏はインパチェンス

別名アフリカホウセンカとも呼ばれ、丸みを帯びてやわらかい形とかわいい色合いの花びらで人気のインパチェンス。半日陰に強く、夏の直射日光下でもよく花を咲かせてくれます。花色も豊富で、一重咲きと八重咲きがあり、暑い中でもふんわりと咲く花が楽しめます。
ガーデニング(園芸)向きな花ですね
植え付け時期 4~7月
開花時期 6~11月
花の色 赤、白、ピンク、オレンジ

千日紅

ガーデニング(園芸)をするなら強い花がいいと思います
真夏に近づいた7月頃から咲き始め、夏の暑い中でも丈夫に育ち、秋の下旬まで花が楽しめます。丸みのある花が愛らしく、寄せ植えにしても華やかさを演出してくれます。

植え付け時期 4~8月
開花時期 7~11月
花の色 赤、白、ピンク、紫

ガーデンシクラメン

冬にガーデニング(園芸)はあんまり聞きませんが冬にも綺麗なガーデニング(園芸)向きな花があるんです
苗の植え付けはあまり寒くなると根の張りが 悪くなるので早めに植えます。
苗の植え付け方は根鉢を崩さず、球根が土に埋もれない程度に浅植えにします。
花が枯れてきたら付け根から取り除きます。
◆開花時期 10~5月  ◆苗の購入期 10~1月
◆草丈 10~20cm  ◆花色 赤、白、ピンク、黄、紫

ガーデニング(園芸)もレイアウトが肝心

ガーデニング(園芸)はたくさん飾らなくていいのです。

植物も生き物、多少なりとも手がかかるので、自分で世話の出来る範囲で楽しんでください。

植物を花壇に植え付けるポイントは土作りとレイアウトです。土作りは植え付けの最低1週間以上前を目安に行います。植え付けは一度植えると植え替えは大変なので 花が咲いたときをイメージして、植え込むのがポイントです。、配置は事前に十分考慮しましょう。

※新築の庭や宅地造成地に花壇を作る場合、土質には十分な注意が必要です。特に土の表面を削り取ってしまう造成地の場合は、まだ風や空気に触れていないため土壌の養分が不足しています。1年に1回程度、腐葉土やピートモス、堆肥、鶏フン、油粕、牛フンなどの有機物を1㎡当たりスコップ10杯程度づつ土にすきこんでおくと3年後ぐらいには植物に適した土壌に変化していると思いますが、待ってられないですよね。植物が土壌に適さない場合、ブロック等で囲いを作り園芸用土等を入れ花壇を作りますが、チョット大がかりになるので、プランターを利用することをお薦めします。

花壇の位置決めと形

ガーデニング(園芸)で大切なのはレイアウトです
庭の広さや形を考慮して、花壇の位置や大きさを決めてください。このとき、できるだけ日当たり、水はけがよく、北風を防ぐことができる場所を選びましょう。また花壇の形も重要です。
角型花壇:家庭の花壇としてもっともポピュラーなタイプ。両側から眺めることができる場合は中央を高めに構成するとより美しく仕上がります。アプローチや庭などの縁取りとして作る場合には細長いタイプの花壇がよいでしょう。
壁沿い花壇:建物の軒下などに適したタイプ。片側からしか見えないことが多いので後方に背丈の高い草花を植えるように配置すると見栄え良く仕上がります。また、同じ背丈の草花を植える場合でも、後方に土を盛って傾斜をつければ効果的に楽しめます。
円形花壇:十分なスペースがあるのなら円形花壇を作ってみてはいかがでしょうか。草花のボリュームや色彩のバランスにアクセントをつければ、中央に背丈の高い草花を植え、周りに低いものを植えるようにしましょう。

土作り

ガーデニング(園芸)には土を重要です
花壇となる場所を30㎝くらいの深さまで掘り起こし、雑草の根や石ころを取り除いて土の塊を砕いておきます。
掘り起こした土1リットル当たり、バケツ1杯の堆肥と油粕3握り、骨粉1握りを加えてよく混ぜ合わせます。土の酸性度が高い場合には、中和するために土1リットル当たり100gの苦土石灰を加えてください。
土と堆肥がなじむ期間(1週間以上)放置します。
植える前に土をよく耕し、レーキなどでならして花壇をきれいに整えてください。

植物を育てる管理法

ガーデニング(園芸)
水やり:少し意外に思われるかもしれませんが、庭植えの植物にはあまり水を与える必要があません。自然の雨に任せ、普段から乾かし気味に育てた方が、乾きに対する抵抗力がついてたくましく育ちます。しかし、あまり乾きすぎると枯れてしまいますので天気が続くようでしたら様子を見て水を与えましょう。

肥料:植え替えのたび、花壇の土に乾燥牛フンなどの元肥を混ぜましょう。肥料の力を借りることにより、土をよい状態に保つことができます。

ガーデニング(園芸)

ガーデニング(園芸)のおさらいです
1年草類=花の咲いている期間が長い1年草には多くの養分が必要。開花期間中には月に1回ほど肥料を与えましょう。
春に咲く宿根草類=花が咲き終わると株が成長を始めるので、すぐに肥料を与えてください。
夏~秋に咲く宿根草類=花が咲く前に株が育つので、春に芽が出た時と5月くらいに1回づつ肥料を与えるとよいでしょう。
花ガラ摘み:花が咲き終わったら花ガラを摘み取りましょう。残しておくと見栄えが悪いだけでなく、種をつけてしまうと後の花つきが悪くなります。こまめに花ガラを摘み取っておけば、次々と新しい花が咲き、長い間楽しめます。

ベランダガーデニング(園芸)

みなさんは、ベランダ(バルコニー)をどのように使っていますか?ベランダは、施行や広さによって楽しみ方も変わります。近年は、グリーンを施したり、ガーデニングしたり、お部屋のようにインテリアを楽しんだり、家の中のひとつの「部屋」として楽しむ人が増えており、スタイルブックなども出版されています。
そこで色々なスタイルのベランダガーデニング(園芸)の楽しみ方をまとめてみました。

実はもっと楽しめる、「ベランダ」!

段、洗濯物を干すだけの空間だったり、物置になったりしていませんか?
寝室やリビングの窓から、こんなグリーンが目に入ったら爽やかな毎日が送れそうですよね!ちょっと雑貨やインテリアグッズ、そしてグリーンなどを置くだけで、素敵な空間になるのです。
ベランダガーデニング(園芸)始めてみませんか

プランターを工夫する

ガーデニング(園芸)をしたいけれどアパートやマンションなのでスペースが無い!という場合には、プランターを壁に取り付けて飾りましょう。サッシに掛けるだけのモノトーンプランターがおしゃれ。

ミニサイズであれ立派なガーデニングです

小さなプランターもホームセンターに売っています。ガーデニング(園芸)初心者は、こうした苗から初めてみるのも手。

点在させてあえて統一感を出さない

プランターの使い方として、一列に並べたり一カ所に置くだけでなく、吊るしたり、点在させると、より植物に立体感がでます。そして、あらたに買い足したいときにも、整然と並んだプランターを見るよりも気兼ねなく増やしていけますよ。お花を連想させるクッションや食器などを飾ってもいいですね。
これでガーデニング(園芸)も楽しくなりそう

大きな植物で楽しむ場合

ベランダが大きいお宅は、逆にバランスのいい大きめサイズのプランターがおすすめ。軸になる植物があれば、周囲に細々としたアイテムが多少並んでも落ち着いたベランダガーデニングに。
・緑で壁をつくる

便利なガーデニング(園芸)の道具

花酔 大久保鋏 180mm 安来青紙使用

ガーデニングの必需品
刃物の産地「新潟県三条市」で専門鍛冶が吟味した材料を長年培われた製造方法で丁寧に仕上げた園芸鋏です。
滑らかな切り口は、樹木を傷めにくく成長を妨げません。
厳選された材(日立安来鋼)の刃部はねばり強く、耐久性にも優れています。
昔ながらの大きめな握り部で手を差し入れやすい形状です。
庭木の剪定や盆栽、縄切りなど種々の作業に使用できます。
材質:日立安来鋼青紙
全長:約180mm

花ごころ ガーデニング用品・資材 Rostaing ラバーグローブ ライム 63617

ガーデニングの必需品
1789年創業フランスの作業用グローブブラン。Rostaingのゴム手袋。表面にラテックス加工した手袋だから、水仕事もへっちゃら。ガーデン作業の必需品です。柔らかく手になじみやすいレザーグローブは、使い込むほど手になじみ自分使用に変化します。頻繁に使うものだから、お気に入りのカラーを選んで。(女性用)

Joseph Bentley ジョセフベントレー|移植ゴテ /移植ゴテメジャー・シャベル・ガーデニング用品・園芸道具

サイズ:約長さ32.5cm×幅8cm 材質:ステンレス、木材、吊り下げひも/革製 made in U.K
頑丈で使いやすい伝統的なデザインが特徴のJoseph Bentley ジョセフベントレーの目盛つき移植ゴテ
汚れや濡れたままでの放置は、錆びや劣化の原因となるため、ご使用後は、刃先や金属部分に付着した土などの汚れを拭き取りよく乾かしていただくことをおすすめします。ステンレス部に擦り傷、凹みが付いている場合があります。
長時間乾燥した状況が続くと、木材がしまり、柄とステンレス部分のつなぎ目が少し緩くなる場合があります。このような場合は長時間水に浸していただければ、またしっかりと接合いたします。
ガーデニングの必需品

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ