記事ID85320のサムネイル画像

レジンを今から始めたい人に!レジンに必要な材料と基本の作り方!

最近流行りのレジンアクセサリーってとっても綺麗ですよね。でも自分でやるには難しそうだしお金もかかりそうと思っていませんか?実はとっても簡単で材料だって安く揃える事が出来るんですよ!家にあるものだって材料になる、簡単レジンアクセサリー作りを始めてみませんか?

レジンを始めたいけど必要な材料って?

色々材料を揃えないと始められないんじゃない?と思いますよね。まったくそんな事ありません!レジンに必要な材料はほんの少しだけで、ご家庭にあるものを使って楽しむ事も出来るんです!

必須の材料

レジンアクセサリーを作るにはレジン液が必須です!レジン液は日光やUVランプに当てる事で硬化します。この性質を利用して好きな形のアクセサリーにしていきます。

レジン液を入れる型も必要になります。ミール皿やセッティング台と呼ばれる材料か、シリコン製の型などを使って形作ります。

お好みで用意する材料

金属チャームやビーズなど、その他の材料は全てお好みです。ボタンなどのご家庭にあるものを材料に使って作っても可愛いものが出来ます。

ネイルアートに使用する材料はレジンアクセの材料としても使いやすいです。大きさもちょうど良いですし、耐水性もあってレジン材料より手軽に手に入ります。

レジン液は硬化させるために紫外線に当てる必要があり、UVランプというものを使用する事が多いですが、UVランプは必須の材料ではありません。時間はかかりますが日当たりのいい場所においておけば硬化します。

レジンの材料はどこで買えるの?

レジン液って売ってるお店があまりなかったり、高かったりしそうですよね。確かにどこでも売っている訳ではありませんが、実は身近なあのお店で格安で売ってるんです。

100円均一ショップ

100均でも最近はレジン材料を取り扱っています。チャームや台座だけではなくレジン液も少量のものが100円で購入できるので、安さと手軽さは断トツです。

手芸専門のネット通販

手芸用品などを取り扱っているネット通販が一番材料の種類が多くて買いやすいです。レジン液はものによって結構値段が違うので、値段の比較がしやすいのもメリットの一つです。

手芸用品店

ユザワヤなどの手芸用品店でも最近はレジン材料の取り扱いがあります。手芸用品のパーツはレジンに応用できるものも多いので、いろいろな種類の材料をまとめて購入出来るメリットがあります。

百貨店

東急ハンズなどの百貨店にもレジン材料の取り扱いをしている事があります。レジンはとにかくいろんなものを材料に出来るので、百貨店だとレジン用じゃないけどレジンに使える変わった材料が見つかったりします。

材料は揃ったけどどうやって作るの?

材料の次はもちろん作り方ですよね。色んな工程があったり難しかったり・・・なんて事は一切ありません。やろうと思えば5分でだって出来ちゃうくらい簡単なんです!

1.台座に材料を置く

シールや金属チャームなど、お好みの材料を台座に置いていきます。ある程度の耐水性さえあれば、割と何を入れても大丈夫です。

2.レジン液を流し込む

台座からこぼれないように注意しながらレジン液を流し込んでいきます。気泡が入ると硬化した時に空洞が出来てしまうので、レジン液を流し込んだら軽く叩いたりして気泡を抜きます。

3.紫外線に当てて硬化させる

UVランプだと5分程で硬化します。直射日光の当たる場所に置いておく場合には1時間~3時間程かかります。日光に当てる場合には窓やカーテンを開けて、紫外線がレジンに当たるようにしてください。

しっかり固まれば完成!

表面がべたべたせずに、しっかり固まっていれば完成です。気泡などで表面がぼこぼこになってしまった場合はやすりで削って、上から薄くレジン液を流し込んで再度硬化させれば綺麗になります。

こんな使い方も出来る!変わったレジン材料

レジンは液体を固めるという特性を活かして意外なものを材料として使えたり、レジンでしか作れないような変わったアクセサリーなんかも作る事が出来るんです!

折り紙

折り紙を丸ごと材料にして、レジンで固めてしまう手法があります。難易度は高いですがレジンでしか出来ない変わったアクセサリーが作れます。

押し花

押し花を丸ごとレジンに閉じ込める事も出来ます。型に入れるのはもちろん、花に薄くレジン液を塗っていけば押し花の形そのままのレジンアクセサリーも作る事が出来ます。

貝がら

台座に小さい貝がらを埋め込むという方法もありますが、レジンなら貝がら自体を台座にしてアクセサリーに出来ます。貝がら型ではなく本物の貝がらなのがオシャレで可愛いですね。

スプーン

え?と思いますが、レジンをのせればスプーンもアクセサリーになります。海や宇宙をスプーンでひとすくいしたような個性的で可愛いアイテムが作れます。

ビー玉

ビー玉をレジンに閉じ込めるのではなく、レジン液を丸く固めてビー玉のようにする作り方です。普通のビー玉とは違って色を付けるだけではなく、中に色々なものを閉じ込める事が出来るので神秘的でおしゃれなビー玉が作れます。

レジンに必要な材料と基本のまとめ

レジン液さえあればなんとかなる

ご家庭にあるものでも発想さえあれば、なんでも材料に出来ますので、レジン液さえ買って来れば後は好きなものを好きなように固めるだけレジンは楽しめます。

UVランプやレジン用の材料は揃えると作れるものも幅が広がって楽しいですが、最初は100均などで購入出来るものだけでお試しで作ってみるのがオススメです。楽しい!もっと作りたい!と感じた時に少しずつ揃えていけばオッケーです。

難しそうでお金もかかりそうなアクセサリー作りですが、レジンなら誰でも簡単お手軽にオリジナルのアクセサリーが作れる!というご紹介でした。レジンでしか出来ない事も沢山ありますし、お試し感覚でやってみる事も出来ますので是非一度挑戦してみてくださいね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ