プリザーブドフラワー 素敵でおしゃれなバラの世界へようこそ!

プリザーブドフラワーをご存知ですか?花の美しさをそのままに長年楽しめることができる素材です。水替えの手間など一切かからないプリザーブドフラワー、今回はバラをご紹介します!、女子なら大好きなバラの花を使ったプリザーブドフラワーの世界を楽しんでみましょう!

プリザーブドフラワーとは?

プリザーブドフラワーとは、生花や葉を特殊液の中に沈めて、水分を抜いた素材のことです。1991年にフランスのヴェルモント社が特許保存技術を発表して、フローラルデザイナーたちが利用したことにより広まったそうです。

今回はバラを使用したプリザーブドフラワーですので・・・

バラの花言葉

バラの色によって花言葉が異なっています。細かく見ると、部分や本数などでも変わってくるそうですので、是非贈り物の時には参考にしてみてください。

赤いバラ:「あなたを愛してます」「愛情」「美」「情熱」「熱烈な恋」
白いバラ:「純潔」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」
ピンクのバラ:「しとやか」「上品」「感銘」
黄色いバラ;「愛情の薄らぎ」「嫉妬」「友情」
青いバラ:「夢かなう」「不可能」「奇跡」「神の祝福」

プリザーブドフラワーの良さ

水やりがいらない!

生花は水やりや水替えなどの作業がありますが、プリザーブドフラワーは一切いりません!長く保存できるので、イベント時などは便利かと思います。

生花と変わらない美しさ

プリザーブドフラワーは、まるで生花のような色の美しさや瑞々しさがあります。実際に触ってみるとわかりますが、柔らかい花の質感が感じられます。

長期保存が可能

湿気には少し弱い部分はありますが、基本的には長期で保存ができます。ウェディングブーケなどをプリザーブドフラワーにすれば、良い思い出の品になりますよね。

アレルギーフリー

以外と問題なのが、アレルギー!花の花粉などでくしゃみが出てしまう人は少なくありません。プリザーブドフラワーなら、アレルギーフリーで楽しく飾れますよ。

プリザーブドフラワーの良さはおわかりいただけたかと思いますが、生花を加工しているために価格はやはり高めになってしまうことがあります。しかし長く楽しめる点を考えると、いかがでしょうか?

自分でプリザーブドフラワーを作ってみよう!

今回は低価格のグリセリンを使用した方法をこちらでご紹介します!脱水・脱色→着色というプリザーブドフラワーの製法を簡単にお見せします。

材料の用意

バラ生花(なるべく新しいもの)、消毒用エタノール(薬局で購入)、精製グリセリン(薬局で購入)、万年筆用のインク(又は100均で売っているプリンター用の補充インク)、乾燥剤、フタ付きの容器(100均で売っているものでOK)

下準備

プリザーブドフラワーにする花の茎を水の中で切ります。(生花を長持ちさせる方法に、この水切りがあります)

脱水・脱色

プリザーブドフラワーにする花をエタノールに浸します。この時に、ピンセットなどを使い、花の茎をつかんで溶液の中で軽く揺り動かし、花びらの間の空気を抜きます。容器にふたをして、そのまま1日待ちます。

着色

グリセリン2:水1の割合で混ぜ、好みの色のインクを数滴入れます。インクを入れた溶液を電子レンジで35度に温めます。バラの茎の部分を溶液につけて、容器の中で軽く揺り動かし、花びらの間の空気を抜いてからふたをします。このまま1日待ちます。(日の当たらないところに置いておくこと)

乾燥

バラを乾燥剤が入った容器に入れて、このまま2日待ちます!写真のように、ネットなどの上に置いて乾燥させる方法もあります。乾燥時間は、花の大きさ、温度や湿度によって変わりますが、2~3日から1週間程度です。

バラはプリザーブドフラワーにするには最適な花ですので、是非バラで最初は試してみてください。その他にはカーネーションやアジサイなどもあります。ご紹介hした簡単な作り方ですと、最短4日で出来上がりますが、本格的に作ろうとすると1か月かかる方法もあります。ご自分でまずは挑戦してみてくださいね!

バラのプリザーブドフラワー メリアの作り方

皆さん、メリアをご存知ですか?メリアとは花びらや葉を重ねて大輪のようなものを作ることです!今回は3つのバラを使って1つの大きなバラを作る方法をご紹介します!

用意するものは・・・

プリザーブドフラワー(バラ):メリアの大きさにもよりますが、数本で十分な大きさになります。
ワイヤー(太めと細めのワイヤーを2種類用意してください)

①花びらを数枚取ってからがくを切る

土台にするバラのがくは取ってしまいます。重ねていくときに邪魔になるので、ぎりぎりのところでカットしていくことをおすすめします。

②花びらをむしり取る

花びらはとても繊細なので、丁寧に!バラをむしる時に、花びらの先端の方は触らないように気を付けましょう!

③ワイヤリング

バラの花びら1枚1枚にワイヤーを通していきます。ちょっと大変な根気のいる作業ですが、頑張って丁寧に作ってくださいね。

④ベースのバラをピアッシング

ピアッシングとはワイヤーを花に挿すことです。ベースとなるバラなので、太さのあるワイヤーを使って、十字にピアッシングします。

⑤花びらをくっつけていきます

バラをくるくる回しながらひたすら巻いていきます!バランスを見ながら、色を交互に入れても、片方だけに集合させたり、様々なアレンジができます。

完成!

出来上がったメリアをボックスに入れたり、そのまま器に飾ったりと、プリザーブドフラワー同様のアレンジメントが可能です!

バラのプリザーブドフラワー アレンジメントご紹介!

作るのはちょっと苦手・・・という方もいらっしゃると思います。もちろんプリザーブドフラワーは、素材としても販売されていますし、アレンジメントがされているものも数多くあります。もしご自分でプリザーブドフラワーを作る方も、プロのアレンジメントを参考に是非なさってみてくださいね。

赤のバラ プリザーブドフラワーアレンジメント

とっても素敵なアレンジメントですよね。真っ赤なバラをメインに、純白のパールやリボンが華やかにしてくれています。

白のバラ プリザーブドフラワーアレンジメント

写真掲載の物はコサージュなのですが、1輪のバラでもこんなに素敵になるんです!もちろんコサージュとしてお使いになっても、またお家のちょっとしたスペースに置けるこのようなアレンジメントも良いと思います。

青のバラ プリザーブドフラワーアレンジメント

こちらも1輪のバラでのアレンジメントですが、宝石箱のような素敵な入れ物に入れるのも絵になりますよね。メインとなる青のバラを真ん中に置くと存在感があり、これでもう1つの立派なアレンジメントになります!

黄色のバラ プリザーブドフラワーアレンジメント

バラの黄色の鮮やかさが元気をくれるようなアレンジメントです。プリザーブドフラワーのレッスンに行くと、時計のインテリアとしてプリザーブドフラワーを使用することがあります。ご自宅にこんな素敵な時計があれば、一気にお部屋が華やかになりそうですよね!

ピンクのバラ プリザーブドフラワーアレンジメント

女性らしい優しさを感じるピンクのバラでアレンジメントです。少し奥行きのあるボックスにプリザーブドフラワーを詰めました。とても品があって素敵ですよね。

バラのプリザーブドフラワーで素敵な空間作りを!

バラのプリザーブドフラワーはいかがでしたか?様々なアレンジメントを見ると、本当に生花と変わらない美しさが見れますよね。長く楽しめるこのプリザーブドフラワーを是非、あなたのお部屋に飾ってみてくださいね!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ