記事ID88673のサムネイル画像

食中毒の予防に!キッチン掃除はスチームクリーナーでスチーム除菌!

ジメジメした季節。カビとともに心配なのは食中毒。食中毒予防に、この季節はいつも以上にお掃除に神経をつかいます。そんな時期のお掃除に適しているのは除菌効果のあるスチームクリーナー。スチームクリーナーでキッチンをスチーム除菌しましょう!

ジメジメした季節のお掃除は

ジメジメとして気温が高くなってきましたね。
カビや食中毒・・・いつもより気合を入れてお掃除しなくてはいけない時期でもあります。

そんな時こそ出番なんです「スチームクリーナー」
「スチームクリーナー」は今やお掃除グッズとして人気急上昇なんです。

スチームクリーナーとは

人気のスチームクリーナーの紹介をします。

本体の中に水を入れて30秒・・・。シューッという、音をだして蒸気を噴射。
こすらなくても汚れを浮き出させ、簡単にお掃除してくれます。

しかも!スチームクリーナーは、100度の蒸気噴射で除菌効果があるんです!
小さいお子さんがいて、お掃除に「洗剤はできれば使いたくない」という女性の救世主。

スチームクリーナーは、床掃除などに使いやすいモップタイプにもなります。
さっと蒸気で床を拭くお掃除で、汚れも細菌も一気に解決します。

洗剤ではなく水なので、ハイハイ赤ちゃんにも安心。

スチームクリーナーは、窓掃除にも大活躍!
サッと拭くだけで、ドロドロ汚れも一気に解決!
しかも!100度の蒸気なので、拭くと同時に乾燥します。
二度拭きなしなんです。

そして、この時期に一番大切なのは、キッチンのお掃除!
洗剤を使うと、二度拭きの必要が出てきます。
二度目の雑巾に菌がついていて、さらに細菌が拡大ってことが多いのです。
スチームクリーナーはそんな心配もありませんよ。
しかも、早い!

スチームクリーナーは水だけでお掃除、除菌してくれる優れものなんです。
赤ちゃんもママにも嬉しいお掃除グッズ!

冷蔵庫のお掃除はスチーム除菌

この時期にスチーム除菌をしたいのは、やはりキッチン。
その中でも・・・。

二度拭きなしで除菌効果抜群のスチームクリーナーで、ぜひお掃除していただきたい場所は食品の倉庫である冷蔵庫です。

お掃除していない冷蔵庫には、食品のカスなど細菌がたくさんいるんです。そのまま放置しておくと、細菌はどんどん増えます。
食中毒の原因になってますよ!

2013年に調べた、冷蔵庫の「お掃除頻度」は?というアンケートの結果です。
月に1回以上はたった16%。
年に1〜2回が一番多くて約半数。これは、年末大掃除でしょうか。

しかし、一番お掃除をして欲しい時期は夏前の今なんです!
この時期の冷蔵庫は細菌の温床になっています。
水拭きではなく、しっかりスチームクリーナーで除菌しなければなりません。

企業によって形は違うかもしれませんが、スチームクリーナーを購入すると、このように付属の拭き掃除用キッドがついてきます。
これで、冷蔵庫の中をスチーム除菌するのです。

調味料や飲料を入れるドアポケットはお掃除していますか。
見た目がきれいでも、飛び散った飲料や手についた汚れから細菌が繁殖していますよ。
スチームクリーナーで除菌が必要です。

冷蔵庫の野菜室は、見た目に分かるほど汚れやすい場所です。
しっかりスチーム除菌のお掃除をしないと、次に入れた野菜が傷みやすくなります。

スチームクリーナーは食品の倉庫である、冷蔵庫掃除に適したお掃除グッズなんです。
こすらずに汚れがとれ、除菌効果で家族の安心が得られます。

キッチンのお掃除はスチームクリーナーでスチーム除菌

スチームクリーナーは冷蔵庫掃除だけではありません。

同じく食品を扱う電子レンジにも適しています。
こびりついた汚れもちゃんと落とせ、スチーム除菌できます。

レンジフードだって、スチームクリーナーの出番です。
お料理を作っていて、レンジフードからホコリが落ちてきたらイヤですよね。
スチームクリーナーはレンジフードの油汚れだってきれいに落とせますよ。

レンジ台だって、しっかりスチーム除菌が必要です。
点火スイッチも汚れています。
汚れた点火スイッチに触れるとさらに細菌が拡大しますよ。

キッチンの壁も除菌です。
飛び散った汚れがたくさんこびりついているはずですよ。
そこにも細菌が・・・。
スチームクリーナーので出番です。

食品を取り扱うキッチンは、特に神経をつかいます。
お掃除、除菌を心がけたいのは当然ですよね。
口に入る食品を扱う場所ですから。

まとめ

ジメジメした季節のキッチンのお掃除。
食中毒の予防にも、是非スチームクリーナーでお掃除することをお勧めします。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ