子供部屋に仕切りを付けたい場合の部屋の仕切り方を紹介します

子供がある程度成長すると、子供部屋に仕切りがないと、子供部屋に仕切りを付けてあげたいと思うかもしれません。仕切り方も簡単な方法から、大掛かりな方法まで様々あります。今回は、仕切り方の方法やアイデアを紹介したいと思います。

子供部屋の仕切り

子供が小さいうちは大丈夫ですが、小学校高学年くらいになると子供部屋の仕切りを考え始めた方がいいかもしれません。
中高校生になると生活リズムも変わってきて、兄弟姉妹でも寝る時間や勉強する時間が変わってくるからです。

家具を使った子供部屋の仕切り

収納家具を置くことで、子供部屋の仕切りができます。
しかも移動可能なので、子供たちが独立した後は再び1つの部屋として使えます。
組み合わせも自由なので、ニーズに合わせて仕切りができますよ。

DIYで子供部屋の仕切り壁を作る

まずは、このような感じで柱を作ります。
組み立てるだけなので、材料さえ揃えれば、誰にでもできます。

柱が出来上がれば、プラスチックダンボールを貼り付けます。
ポイントは、柱の裏表交互に貼り付けていくことです。
すると、写真のように小さな棚が出来上がります。

仕上がりはこんな感じになります。
簡易的な壁ですが、子供部屋を仕切ることができました。

引き戸で子供部屋を仕切り

天井に下がり壁を造り、吊りタイプの引き戸を付けることで子供部屋を仕切りました。
勉強する時は引き戸を閉めて集中。遊ぶ時は開けて広いスペース。
それぞれのニーズに応じています。

ベッドで子供部屋を仕切り

ベッドを使った子供部屋の仕切り方。
図のようなイメージで仕切り壁がベッドスペースになります。
空間を無駄に使わない工夫です。

こんな感じです。
学習机はパネルに合わせて置くことで、子供部屋のスペースを確保できます。
これでプライバシーは守られますね。

可動式の子供部屋の仕切り

アコーディオンカーテンを使った子供部屋の仕切りです。
レール式やポール式があるので、天井がないところでも付けることができますよ。

カーテンを使って子供部屋を仕切りします。
カーテンレールや突っ張り棒を使って、簡単に子供部屋の仕切りができます。
また厚手のカーテンを使えば、少しは防音効果もあるかもしれません。

縦型・木製のブラインドで子供部屋の仕切りをします。
完全な仕切りではありませんが、一時的な仕切りとして良いかもしれません。

収納家具で子供部屋の仕切り

収納家具で仕切壁を作ると収納も確保できます。
また、移動もできるので、子供の成長にあった広さの部屋を作ることができます。

少し変わった子供部屋の仕切りのアイデア

子供と一緒にガーランドを作り、仕切りを作りたい場所に飾ります。
子供部屋らしくって、良い感じになりますね。
子供が小さい時は、これくらいの仕切りの方がよいかもしれませんね。

子供部屋の仕切り方 まとめ

子供部屋の仕切りにはいろんな方法がありますね。
子供が小さい時から、考えておくと良いと思います。
また、子供が独立して不要になった場合も考えておくと良いかもしれませんね。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ