オシャレなインテリアにするには、壁紙を貼るのがオススメなんです☆

    海外風のオシャレなインテリアって憧れますよね。そんなときの救世主は壁紙なんです!最近はオシャレな壁紙がたくさん売っているんです☆壁紙を貼ることで一気にオシャレなインテリアに大変身!しかも部屋ごとに壁紙を自由に変えられるのも魅力!

    オシャレなインテリア壁紙はここから購入☆

    簡単に貼り付けられる壁紙インテリアがいいですね。

    子供部屋のインテリアやピアノを置いている場所の壁紙にいかがですか?

    他のインテリア壁紙が買えるサイト

    インテリア壁紙にとらわれない☆

    かるかるブリックの壁紙の使い道もたくさんありますね。

    インテリア壁紙の上手な貼り方

    こんな風に可愛い壁紙が自分で貼れたら、金額的にも抑えられていいですよね。

    まずインテリア壁紙を貼れる面、貼れない面

    ・壁紙が貼れる面

    ベニヤ板、ツヤ消し塗装面、古いカベ 紙をはがした面、シックイ壁、セッコウボード、コンクリート、モルタル

    ・壁紙が貼れない面
    凹凸の激しい面、浴室内などの水のかかる場所、屋外、レンジまわりなど火の気のある壁面

    出典:http://www.diy-shop.jp

    まずお宅の壁に壁紙が貼れるかどうかの確認をしましょう。

    壁紙を貼り替えるのに必要な道具

    カッター、スポンジ、ヘラ、ローラー、ハケなどを揃えておくと壁紙を変えるのに便利です。

    詳しいインテリア壁紙の貼り方はコチラから

    詳しい壁紙の貼り方は、実際にHPを見て貼ることをオススメします☆
    こちらのサイトは壁紙の貼り方が詳しく載っています。

    インテリア壁紙としてウォールステッカーを

    インテリア壁紙として手軽にできるのが、ウォールステッカー。FAMILYと書かれた壁紙シールは玄関前に貼っても可愛いですね。

    かわいい動物やお花のインテリア壁紙は子供部屋にオススメ☆本物の壁紙なら飽きてしまってもどうしようもありませんが、ウォールステッカーなら飽きればすぐにインテリアを変えられるのが嬉しいですね。

    リビングに貼ったり子供部屋に貼れば、子供たちも喜んで測ること間違いなしのインテリア壁紙。

    インテリア壁紙に子供たちの成長の写真を一緒に飾れるのがいいですね。

    グリーンは人間の落ち着く色なので、寝室にインテリア壁紙を貼っておけば安らぎの空間になりますね。写真も一緒に飾れるので、いつも家族がそばにいるような気持ちになりますね。

    英字がかっこよくてオシャレな壁紙インテリア。

    ウォールステッカーの上手な貼り方

    4つのウォールステッカーの特徴

    弱粘性シールの特長

    ◯裏面のフィルムを剥がすだけで、簡単に貼付けることができます。
    ◯壁紙の上に貼って、剥がすことができます。
    ◯剥がした跡、元壁が傷付きにくいです。
    ◯平滑面であれば、粘着力は長時間持続します。

    出典:http://www.room-art.jp

    強粘性シールの特長

    ◯裏面のフィルムを剥がすだけで、簡単に貼付けることができます。
    ◯壁紙の上に貼って、剥がすことができます。
    ◯場合によっては剥がす時に、元壁を傷めてしまう時があります。
    ◯多少凹凸のある壁面であっても、粘着力は長時間持続します。

    出典:https://www.room-art.jp

    はってはがせるのりの特長

    ◯水で薄めずにそのまま使用できます。
    ◯古い壁紙などに優れた接着効果を発揮します。
    ◯ウォールステッカーを貼った後、剥がすことが容易に行えます。
    ◯平滑面であれば、粘着力は長時間持続します。

    出典:

    強粘性のりの特長

    ◯水で薄めずにそのまま使用できます。
    ◯古い壁紙などに優れた接着効果を発揮します。
    ◯糊が乾くまでの間、柄や位置の修正ができます。
    ◯壁紙を剥がす際、粘着力が強いため、元の壁紙を傷付ける場合があります。

    出典:https://www.room-art.jp

    4つそれぞれのメリットデメリットを挙げてみました。
    ご自宅の壁やメリットデメリットを考えた上で貼りましょう。

    まとめ

    いかがでしたか?
    壁紙やウォールステッカーはインテリアの気分を変えたい時に最適なアイテムですよね。
    雰囲気を変えることでお洒落なインテリアになります。また気分も明るくなったり、家族の会話が増えたり良いことづくめです☆
    この機会にぜひインテリアを模様替えしてみませんか?

    関連するまとめ

    このまとめに関するまとめ

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気のまとめ

      TOPへ