ご自分の趣味として、園芸をして、ガーデニングを楽しみましょう!

ご趣味として、家庭菜園などの園芸を行いましょう。家庭菜園までは行かなくても、鉢植えやプランターで、草花を植栽するのも、園芸です。ご趣味の範囲で、楽しんでガーデニングを楽しんでください。園芸をすることで、土に触れ、自然を愛するようになります。

趣味として、園芸を楽しみましょう。

園芸や造園を楽しむことをガーデニングとも言います。ガーデニングを趣味として、園芸を一緒に、楽しんでください。園芸と言っても、収穫を得るのが、園芸ではありません。植木鉢に、草花を植栽して、育てるのも園芸です。ご趣味の範囲で、行いましょう。

エントランスに、植栽

エントランスに植栽して、趣味の園芸を行います。

訪れる人々をお迎えするスペースであるとともに、道行く人々に緑を楽しんでいただく場でもあります。門廻りの主役となるシンボルツリーを中心に根元部分には、花や葉色を楽しむ植栽をご提案

出典:http://www.i-green.jp

ご趣味を園芸とされまして、エントランスに、趣味を分かりやすく、置いています。

お庭にも、ご趣味の植栽を園芸します。

お庭に、植栽

お庭に植栽するものの、高さを上手くバランス取ります。
趣味の園芸で、植栽を楽しみます。

庭の主景となり、生活に彩を添える植栽。落葉樹の高木と葉色を楽しむ中木、根元には数種類の下草を配し色の調和を楽しみます。ゆったりとした配植は落ち着いた庭の雰囲気を演出します

出典:http://www.i-green.jp

生活に、彩りを与える植栽をお庭で行って、趣味の園芸を楽しみます。

植栽デザインを、趣味の園芸に活かしてください。

植栽のデザイン

植栽のデザイン画をご自分のお庭の参考にしましょう。
趣味で園芸をしてください。

『植栽デザインの特徴』
一年間途切れることなくどれかの花が咲いている全13種の豪華セット。
花の色、花の香り、実の色を楽しめる品種を取り揃えました。
四季の全てを贅沢に味わう豪華な花木の庭が完成されます。

出典:http://www.ex-plat.net

植栽デザインを参考にして、ご自分のお庭を彩りましょう。花や草を植栽してください。
ご趣味の園芸に生かしましょう。

プランターや鉢植えで、園芸を楽しみましょう(趣味の範囲で)

鉢やプランターで、植栽

鉢やプランターに、草花を植栽して、園芸を趣味として楽しみましょう。

花や観葉植物が好きなのに、ガーデニング、園芸を楽しみたいのに「庭がないから・・・」とか「ベランダがないから・・・」とあきらめてしまうのはもったいない話です。プランターや植木鉢で簡単に楽しめます。

出典:http://www.hanagoods.com

庭がないからと言って、園芸やガーデニングを諦めるのもおかしな話です。
鉢植えや、プランター植えでも、立派な園芸になりますので、趣味として、楽しんでください。

初心者でも、園芸を趣味にして楽しめます。

初心者でも楽しめます

趣味として、園芸をすれば、初心者でも楽しめます。

初心者の方も園芸・ガーデニング用品と工夫した育て方で、プランターやかわいい植木鉢いっぱいに花を育てて・・・・・花・観葉植物のある暮らしを楽しみましょう!

出典:http://www.hanagoods.com

園芸やガーデニングは、植木鉢の植栽だけでも、楽しめます。
ベランダに置いても、園芸が趣味となります。

出勤前に、水やりをするのも、趣味の園芸です。

立派な花が咲いています

趣味として、園芸をすれば、いいのですから、
出勤前に、水やりするだけでも、趣味になります。

毎日出勤前にベランダに出てせっせと水をあげているのですが、いまだに花の名前を覚えておらず。ここに、お花の名前を書いたピックを挿そうかと思案中。

出典:http://www.urayasu-shinbun.com

花も名前を知らないのは、趣味の園芸と呼べるかどうかは、別として、
色々と、思案するのが、趣味ですので、園芸が趣味になっています。

家庭菜園も、園芸です。趣味で行う方も多いです。

家庭菜園、自然農法

自然農法を趣味で、園芸される方もいらっしゃいます。

すでに家庭菜園で、野菜や果実を栽培されている方であればお気づきかと思いますが、作物の中にはそれほど手入れをしてあげなくても、立派に元気に育つものもあれば、決まった管理を行っていても、簡単に病気になったり害虫の被害を被ったりする場合があるということでしょう

出典:http://www.igohachi.com

家庭菜園で、作物の種類を選べば、さほどのお手入れを必要としなくても、収穫に至るものもありますので、趣味の園芸として、家庭菜園もお勧めです。

水耕栽培をする園芸もあります。ご趣味にどうぞ。

水耕栽培は、土を使いません。

水耕栽培は、土を使わないので、防虫で悩みを抱えることも少なくなります。
臭いも少ないので、趣味の園芸としては、最適かも知れません。

水耕栽培というと皆さんは、どのようなイメージをお持ちでしょうか。土を使わず手も汚れない、そしてクリーンなイメージで栽培できるのなら、これは思わずやってみたくなりませんか。

出典:http://www.igohachi.com

土を使わず、クリーンに栽培できるんですから、一度やってみるのも良いと思います。
趣味の園芸としては、土汚れがないので、もってこいです。

趣味として、園芸を、肩の力を抜いて、楽しんでください。

趣味として、園芸をしてください。

 園芸を趣味として、楽しむには、どうしたらいいのでしょう?やはり、それは、構えすぎないことです。ああしなければ、こうしなければと、考えると、先へ進みません。
 趣味として、最初は、鉢植えから、プランター植えから、始めると、園芸を楽しめると思います。段階を踏んで、家庭菜園まで、行ってしまう方もいらっしゃるでしょう。
 園芸を趣味として楽しみましょう。それには、ご自分に与えられたスペースから、考えれば、自ずと、出来ることは決まってきます。どうぞ、身近なスペースから、園芸を始めましょう。楽しんでいたら、それが趣味として、定着しますので、園芸を、ガーデニングを行ってください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ