記事ID78760のサムネイル画像

初心者も簡単♡贈り物の定番バラのドライフラワーに挑戦しましょう♡

贈り物で頂く機会の多いバラ。いつも枯れてしまうのがもったいなく思っている方も多いのではないでしょうか?それならバラのドライフラワーに挑戦してみるのはいかがでしょうか?ただ吊るすだけの方法もありますがドライフラワーにはいくつかポイントもあるのでまとめてみました。

素敵なバラをドライフラワーに♡

自分で育てたバラやお祝いなどで頂いたバラの花束。ただ枯れていくのを見ているのはなんだかさみしいですよね。
そこで、生花のみずみずしさを存分に楽しんだ後は満開になる前にドライフラワーにしちゃいましょう。

《バラのドライフラワー》
綺麗なドライフラワーを作る為に、葉っぱは水分を多く含んでいるので早く乾かすためにも取り除きましょう。

《バラのドライフラワー》
季節によって変わりますが、1〜2週間とちょっと時間がかかります。
いらない葉っぱを切り落としておいたり一本ずつ離して吊るしておくと乾くのが早くなるみたい◎

《バラのドライフラワー》
花びらが小さいタイプのバラはまとめて吊るしても綺麗なドライフラワーになりやすいです。吊るしている過程もおしゃれですね。

バラを切る時期はバラの蕾が丸く奇麗に色付いた時と、蕾が少し開き始めの時。バラの場合は開き始めの蕾の方が色が濃く出ます。

※場所は風通しの良い日陰。外の明るい所や、直射日光の下に長く吊るしておくと、3日位で色があせてしまいます

バラのドライフラワー《シリカゲル》

シリカゲル。聞いたことはない方が多いですが実は身近なものです。
バラのドライフラワーには最適なので使ってみましょう。

花びらが多く、立体的な花の場合

《バラのドライフラワー》
準備するもの
・ピンセット
・ハサミ
・生花
・シリカゲル(粉末タイプ)
・ガラスジャー(タッパーなどのフタ付き容器で代用できます)

《バラのドライフラワー》
1.バラの茎を2cm程残してカットし、花首だけにします。
2.ガラスジャーの中にシリカゲルを高さ3cm程まで入れ、茎を中までしっかりと挿し入れてください。
3.花がしっかりと埋まるように、上からシリカゲルをかけていきます。
花びらの隙間はピンセットで軽く広げながら、シリカゲルを入れてください。
花がすべて埋まったら、しっかりとフタを閉めて冷暗所で1週間保存します。

《バラのドライフラワー》
4.1週間後、大き目の受け皿を用意し、ジャーの中身をそっと出していきます。
花びらを壊さないようピンセットで広げ、隙間に入り込んだシリカゲルをふるい落として完成です。

もっと簡単♡電子レンジで1分半《バラのドライフラワー》

ドライフラワーにするのに長く待てない!!という方はこの方法を試してみましょう。

⑴ バラの茎を2cm程残してカットし、花首だけにします。
⑵ 耐熱用タッパーにシリカゲルを高さ3cm程まで入れ、茎を中までしっかりと挿し入れてください。
⑶ 花がしっかりと埋まるように、上からシリカゲルをかけていきます。
花びらの隙間はピンセットで軽く広げながら、シリカゲルを入れてください。
⑷ 花がすべて埋まったら、しっかりとフタを閉めてください。

⑸ 500wの電子レンジで1分半ほど温めます。(花の大きさや水分量によって温め時間が変わってきます。30秒ごとに様子を見て、微調整しましょう。)

これでバラのドライフラワーの完成です。

バラのドライフラワーをもっと素敵に飾ろう♡

せっかく上手に出来たドライフラワーを自分好みに飾りましょう。

ドライフラワーに適しているスプレーバラは茎の部分にリボンを結ぶだけでおしゃれな仕上がりになります。どこに置こうか迷いますね。

バラのドライフラワーが上手にできたらリースにするのもおススメです。
カラーバリエーションが豊富なバラならではのリースが出来ますね。

きれいに色が残ったバラのドライフラワーはどこに置いても可愛いです。
例えばかごに入れてお気に入りの場所に置くのもいいのではないでしょうか?

ドライフラワーにすると水をかえる必要がないので少し高い場所に置いても大丈夫です。
リビングのソファに座って眺められるところもいいですね。

花材のメインは、ピンク系バラのドライフラワー。
その他に、ユーカリ、センニチコウ、貝殻草などをあしらった上級者向けのアレンジです。

隙間が空かないように、層になるように詰めていくと初めてでもキレイに仕上がります♡
カラフルな色のドライフラワーを使うと可愛いですね。

バラのドライフラワーはポプリにして♡

ポプリといえば花や葉を使った芳香剤の一種。主に材料を乾燥させて作る「ドライポプリ」をさします。乾燥・熟成の工程があるだけに時間はかかるが、作業手順は少なく、作り方は案外簡単です。さらに、もらった花ならば元手をほぼかけずに作ることができますね。

<材料>
花&葉(バラ)…1カップ程度
カゴ(新聞紙でも可)…1つ
エッセンシャルオイル(アロマオイルでも可)…1~2滴
密閉できる袋(ガラス瓶でも可)…1つ

1. 花と葉を取り分け、カゴに入れて乾燥させる(季節により異なるが7~10日程度が目安)

2. 乾燥した1.を袋に入れてエッセンシャルオイルをたらし、袋の上からオイルが全体にいきわたるようなじませる

ドライフラワーにしたバラがあった場合はここから初めてOKです。

3. 袋を密閉したら、暗所に2~3週間程度置き熟成させる

ドライフラワーにしたバラは見栄えもいいので熟成している間も楽しめますね。

4. 好みの容器に飾れば完成!

注意点は、1.で完全に乾燥(ドライフラワーの状態)させることです。少しでも水分が残っていると腐る原因になりますのでお気をつけ下さい。

バラのドライフラワーに挑戦してみましょう!!

バラのドライフラワーについていかがでしたでしょうか?
贈り物で頂く機会も多いバラはドライフラワーに挑戦するきっかけを与えてくれると思いますので是非やってみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ