記事ID83781のサムネイル画像

掃除機の紙パックを見てみよう!掃除機の紙パックの素晴らしさを紹介

掃除機の紙パック、時々見てますか?ゴミが溜まってもそのままにしていませんか?掃除機の紙パックには素晴らしい性能があります。その素晴らしい性能を生かす様に、掃除機の紙パックとの上手な使い方、付き合い方を紹介したいと思います。

掃除機の紙パックってどんなもの?

掃除機の紙パックをご存知ですか?
実は、掃除機にはいろいろな種類があります。
紙パックを使うタイプと紙パックを使わないタイプに分かれます。

掃除といえば、今では掃除機が当たり前の時代になりましたね。
雑巾がけや、ほうきはあまり使われなくなったように感じます。
生活の一部ともいえる掃除機ですね。

紙パック式の掃除機とは、その名の通り、吸い取ったゴミやホコリを紙パックに集めます。
現在、もっとも主流で馴染み深い掃除機だと思います。
昔から衰えない紙パック式掃除機の魅力を紹介します。

掃除機の種類と紙パックの有無

まず、紙パック式じゃない掃除機ってあるの?と思いませんか。
実は、技術が進化していって、紙パックを使用しないタイプの掃除機がぞくぞくと開発されています。

紙パック式の掃除機です。
価格も安いものから高いものまでさまざまです。
吸引力などで価格が変わってきます。
紙パックは消耗品なので、購入する必要があります。

サイクロン式掃除機です。
紙パックはついていません。
サイクロンと呼ばれるほどに、回転運動でゴミを吸引します。
結構なお値段になります。

ロボット式掃除機のルンバです。
人工知能を持っています。
紙パックはついていません。
掃除する部屋を覚えて、隅々まで掃除したあとに、充電スポットに戻ります。
お値段はさらにお高くなります。

現在のところ、掃除機は3種類に分かれます。
紙パック式か、サイクロン式か、ロボット式かです。

掃除機の紙パックの素晴らしいところ

では、掃除機の中でも紙パック式掃除機の素晴らしいところをご紹介します。

掃除機の中でも、紙パック式の素晴らしいところは、お手入れが楽ちんなところです。
ゴミがたまったらそのまま、ゴミ箱にぽいっと捨てることができます。
他の掃除機は本体にゴミがたまるので捨てるときにホコリが舞うこともあります。

そして、最大の魅力は吸引力です。
紙パック自体がフィルターの役目をしています。
紙パックがいっぱいにならない限り、強い吸引力を保持します。
他の掃除機はフィルターが本体についているので、お手入れが必要です。
紙パック式はその手間が必要ありません。

さらに、紙パック式掃除機は簡単シンプルな構造のため、本体が軽く小さく設計されます。
他の種類の掃除機は重かったり、大きかったりすることもあります。

紙パック式掃除機の素晴らしいところが納得できましたか?
紙パック式掃除機の人気が衰えないのも理解できます。
では、デメリットも理解した上で、掃除機について考えてみましょう。

掃除機の紙パックのデメリット

紙パック式掃除機のデメリットとして、初期費用は安いものの、紙パックという消耗品が必要になることです。
他の種類の掃除機はそのデメリットを解決したものが多いです。
紙パック代をケチってしまうと、吸引力が落ちて掃除の効率が落ちます。

そして、紙パック式掃除機の一番のデメリットとして、排気があります。
安価な紙パックを使用したりすると、ホコリの微粒子がそのまま通過して、部屋中にまき散らしてしまうのです。
ハウスダストアレルギー体質であれば、掃除してるのに症状が悪化してしまいます。

紙パック式掃除機のデメリットも理解していただけましたか?
正規品の紙パックだと、どうしてもコストがかかってしまいます。
ですが、ホコリを舞い上げることを考慮すると、メーカー正規品の紙パックを使用することをおすすめします。

掃除機を購入するときのポイントと性格

掃除機の購入を検討していますか?
いろいろ種類があって悩みますね。
そして、結構なお値段になります。
さらに、どの掃除機も結構な音がします。
紙パック式がいいのか、購入するときのポイントを紹介します。

まず、紙パック式がおすすめの方は、少し性格が大雑把でも、一度にしっかりお掃除してしまいタイプの方です。
筆者のように、2週間に1回しか掃除機をかけないような場合は、一度の掃除機できれいさっぱりしたいですね。
そういうとき、吸引力とお手入れの楽な紙パック式をおすすめします。

サイクロン式掃除機を購入したいかたは、几帳面なかたがおすすめです。
1回の掃除機がけで、ゴミすてとフィルターのお掃除が必要になります。
この手間を手間と思わないかたにはおすすめです。
初期費用はかかりますが、消耗品の費用がかかりません。

お掃除ロボットのルンバも高額ですが、メリットがあります。
お仕事で帰りが夜遅くでなかなか掃除機がかけれない人はおすすめです。
平日の昼間にスケジュール機能を設定しておけば、お掃除してくれています。
休日にしっかり休みたい人には最適ですね。
スケジュール機能はオプションなので有無を確認して購入しましょう。

技術の進化には驚きを隠せませんね。
スマートフォンで掃除機を操れる時代になってしまいました。
上手に利用してみましょう。

このように、掃除機をライフスタイルや性格によって、購入するときに参考にしてはいかがですか?
掃除機をかけるのが嫌いな方も、掃除機をかけるのが大好きな人もそれぞれにあった掃除機を選びましょう。

おすすめ紙パック式掃除機の使い方

掃除機をかけるとは、人にも年齢にもよりますが、結構な体力を使います。
でも、ロボット式掃除機には手が出ないとき、どうしたらよいのか考えてみました。

ハンディクリーナーと併用するのはいかがでしょう。
目の届くところや、日常的に使用してホコリが溜まりやすいところをピンポイントにお掃除できます。
体力に自信がない方も使いやすいです。
ちょっとした掃除機がけができます。

なんと、ハンディクリーナーにもサイクロン式があります。
お値段も結構しますが、候補のひとつにいかがでしょうか?
掃除機をよいしょと出す手間が省けて、気軽に使えます。

筆者の一番のおすすめのコロコロです。
音も気にしなくていいですし、ちょっとしたホコリをコロコロっととってくれます。
やはり、掃除機ほどはきれいにできません。
あくまで、補助的な役割として使用します。

紙パック式掃除機の手助けをしてくれるお掃除用品を紹介しました。
上手に活用すれば、お部屋をきれいに保てますね。

掃除機の紙パックの魅力、伝わりましたか?

掃除機の紙パック、ほんとうに素晴らしいですね。
どうしても消耗品なのでコストがかかります。
ですが、消耗品だからこそのメリットだと思います。
掃除機を購入するなら紙パック式、おすすめですよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ