記事ID105682のサムネイル画像

もしかすると丸見えかも知れません ガラス窓には目隠しすべき

家の中にはたくさんのガラス窓があります。場所によっては目隠ししたいな、と思うことありませんか。気にしていない窓でも、外から丸見えの場合も。そこで、お金や手間をかけず簡単に目隠しできる方法を探してみましょう。ガラス窓がオシャレに可愛く変身出来て、一石二鳥です。

ガラス窓は結構あります

家の中で、ガラス窓が全く無いということはありえませんよね。

一部分でもガラス窓があれば太陽の光が入ってきます。家の中が明るく、寒い季節にはぬくもりを感じることができますね。

ガラス窓を開けておけば、さわやかな風が通り抜けることもあります。空気の入れ替えも出来て、ニオイがこもることもありません。

無ければ困るガラス窓ですが、外からの視線が気になってしまうことがあります。

せっかくの窓なのに、カーテンを締め切ってしまうのは嫌です。

目隠ししたいガラス窓

家の中で、目隠しをしたいガラス窓はどういった場所でしょうか。

リビングの大きな窓

リビングにある大きなガラス窓。そこが気に入って住んでいたのに、目の前に家が建ってしまって丸見え状態になってしまうことはよくあります。

道路に接している部屋

通りに面した場所に、ガラス窓がついていることもあります。ここはなんといっても、目隠しをしたいです。ゆっくりとくつろぐこともできません。

お風呂

お風呂は換気したい場所なので、窓がついていて欲しいです。しかし一番プライバシーを守りたい場所でもあります。ちょっと離れた場所から見える角度があることも。目隠しは必須です。

室内ドア

うっかりしがちな、室内ドアについているガラス。配達の人など玄関に人が来た時、ドアを閉めても玄関から散らかった部屋が丸見えということもあります。

開放的で素敵なドアですが、多少の目隠しは欲しいです。

小さなガラスも忘れずに

各部屋の窓など大きなガラスについては、目隠ししたいと思うこと十分あります。
普段は見落としがちだけど、ちょっとした来客時に目隠ししておけばよかった!と後悔してしまうところをチェックしてみましょう。

食器棚

意外と盲点なのが食器棚です。もちろん綺麗にディスプレイしてあり、見せる収納に自信がある方はクリアガラスでもOK!

ごちゃごちゃしがちなキッチンは、目隠ししておいた方が無難です。
リビングからの眺めも良くなります。

収納ボックス&衣装ケース

収納ボックスや衣装ケースを使用していたら、要注意です。半透明のことが多いので、中身が微妙にすけてしまいます。さりげなく目隠ししておきたいですね。

目隠し方法

実際に、どんな目隠し方法があるのでしょうか。

カーテン

真っ先に思い浮かぶものはカーテンです。とくにレースのカーテンの機能に注目して選ぶとよいでしょう。目隠し用には透けにくいもの、他には紫外線対策、遮熱などあります。

カフェカーテン

大きなガラス窓でなかったら、人の目線の高さに合わせてカフェカーテンで目隠ししてしまうのが早いし楽です。しかも可愛い!

ルーバー

外からの視線を遮る目隠しには、ルーバーが最適です。羽の角度を変えられるものであれば、風を通してくれます。完全に視線や日光を遮ることも可能。

すだれ

昔からあるすだれは、風も通すし暗くならない透け感がちょうどよいです。和風の部屋でなくても、モダンな感じにミックスさせた目隠しはいかがでしょうか。

ガラスフィルム

最近流行っているのが、こちらのガラスフィルムです。デザインも豊富で、光の透し方が絶妙。気になる目隠しにも適しています。

おしゃれなガラスフィルム

カーテンやルーバーなどは結構な費用がかかってしまいます。
ガラスフィルムはお手頃な値段からあり、自分で貼ることもできるのでおすすめです。

シール式で特別な道具がいらずに貼れるのがガラスフィルムです。なんとなく人やものがあることはわかりますが、目隠しになっていますね。

曇りガラス調のリーフ柄のガラスフィルムもあります。目隠しの効果はもちろん、デザインで遊んで見るのも楽しいです。

ステンドガラス調のガラスフィルムもあります。目隠しはもちろん、インテリアの色に溶け込ませたり、逆にポイントにしたりもステキです。

100均にも目隠しフィルムが!

素敵なガラスフィルムですが、なんと100均でも販売されているのです。

こちらはダイソーの目隠しシートです。すごくたくさんのデザインがあります。100円なら、気軽にチャレンジしたいです。

ダイソーの目隠しシートを実際に貼った窓です。一部分だけでも、アクセントになりつつ視線を遮ることが出来ています。

食器棚や、ちょっとしたガラス窓に100均の目隠しシートは大活躍です。むしろもっと素敵に見えませんか。イメージを変えたい時にも便利。

ガラス窓に目隠しは重要

開放的なのもいいけれど、やはりガラス窓には目隠しは必要です。防犯面でも安心。お手軽にトライできるガラスフィルムなど、部屋を暗くせずにおしゃれにできておすすめです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ