排水溝の詰まりにはピーピースルーf!効果と効かない時の対処法は?

    キッチンやお風呂など排水溝には詰まりのトラブルがつきものですよね。そんな排水溝の詰まりに効果的なのがピーピースルーfという洗剤です!今回は自分で簡単にできるピーピースルーfの使い方や効かない時の対処法などについてご紹介していきます!

    排水溝の詰まりはピーピースルーfで溶かして解決!

    台所や洗面所などの排水溝は使い続けていくと油汚れや髪の毛が配管に溜まっていって、詰まりが起きますよね。水はけが悪くなってきたり、流れが遅くなってきたり、徐々に詰まりだしていくところが厄介です。

     

    水回りの排水溝が詰まってしまうと水漏れや悪臭などの新たな被害に発展しかねません!そんな排水溝の詰まりを自分で解消したい時の強い味方がピーピースルーfという洗剤です。

     

    今回はピーピースルーfの使い方や効果、また効かない時の対処法などについてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

    ピーピースルーfの効果は?

    ピーピースルーfは強力な洗剤ですが、どのような効果があるのでしょうか?詳しくみていきましょう!

    ピーピースルーfの中身と効果

    ピーピースルーfは、和協産業という会社が販売している排水口用の洗剤です。見た目はレトロなパックで可愛らしいですが、その効果は絶大。油汚れやヌメリ、髪の毛など排水口に集まる汚れには、ピーピースルーf一本で十分に対処できます。

     

    ピーピースルーfの中身はアルカリ性の洗剤で、汚れを溶かすことで綺麗にしているようですね。汚れの成分はズバリ油脂分有機物がほとんど。さらに細菌などが増殖して発酵することで悪臭が発生します。

     

    ちなみにヌメリの正体は細菌が粘液を分泌してできるスライム状の膜です。ピーピースルーfでは、このヌメリを溶解して除去し、除菌・消毒・洗浄を行います。

    ピーピースルーkとの違いは?

    ちなみにピーピースルー洗剤にはシリーズがあり、ピーピースルーkというものもあります。これは、ピーピースルーfの約5倍ほど強力な排水溝洗剤となっています。

     

    ピーピースルーkはfと比べて圧倒的なパワーがある分、反応熱といって溶解時に熱くなってしまう性質があります。皮膚などに付着すると剥がれてしまう可能性もあり危険なので、取り扱いには注意が必要です。

     

    強力なパワーを誇るピーピースルーkはもはや劇薬です。購入する場合は印鑑が必要となるなど、面倒なプロセスもあるため、一般的な排水溝の汚れにはピーピースルーfで十分かもしれません!

    ピーピースルーfの使いかたは?

    ピーピースルーの使い方を手順を追って確認していきましょう。

     

    ①粉状になっている薬剤を規定の量だけ排水溝にまきます。

    ②40〜50℃の湯を500cc、薬剤にかけて排水溝に流します。

    ③1時間~1晩ほど放置します。

    ④十分な量の湯で流します。

     

    はじめに湯をかけた時は急激に泡立つかもしれませんが、構わず流していきましょう。ピーピースルーkほどではないにしろ、十分に強力な洗剤なのでマスクをして吸い込まないようにする皮膚には付着しないようにするなど注意しましょう。

    ピーピースルーfが効かない?原因と対処法について!

    排水溝の詰まりに効果的なピーピースルーfですが、十分に効かなくて汚れが落ちないこともあるようです。その原因と対処法について確認しておきましょう!

    異物が詰まっている&トイレはNG!

    最初に確認したように、ピーピースルーfはスライム状になったヌメリや汚れを溶かすための洗剤です。プラスチック容器などの異物を落としてしまっても溶かすことはできないため詰まりは解決しません。

     

    たとえ固形の異物でなくても、生ゴミなど大きな汚れが詰まってしまっている場合はラバーカップ(通称パッコン)で吸い戻す方がおすすめです。

     

    また、トイレでピーピースルーfを使用するのもNGです!トイレの汚れはヌメリ汚れと種類が違い、ピーピースルーfで溶かすことは想定されていません。そもそも水が張ってあるため奥まで届かないので、トイレでピーピースルーfを使用するのはやめましょう!

    量が少ない&湯で泡だっていない?

    ピーピースルーfを使用するうえで注意点がいくつかあります。これをミスしているために効果が十分に現れてない可能性があります。

     

    まずはピーピースルーfの量です。規定の量はありますが、汚れに対して量が少ない可能性があるので、少し多めくらいでも構わないかもしれません。

     

    次は湯をかける時の温度です。ピーピースルーfは冷水だとうまく溶けないようになっています。湯をかけた時に発生する泡で汚れを浮かしているので、泡がちゃんと発生しているかは重要なポイントになります。

    時間&回数が足りていない?

    ピーピースルーfを排水溝にまいてから1時間〜1晩ほど放置するようになっています。しっかりと汚れを落としたいなら1晩くらい放置しておいても良いかもしれません。この放置時間が短いと、十分に汚れが落ちない可能性があります!

     

    どうしても1晩も放置できない、またはすぐに流してしまった場合は、もう一度試して見ることをおすすめします。汚れを溶かして落とすピーピースルーfは物量作戦の洗剤です。回数や時間を増やして見ると効果がアップする可能性が高いですよ!

    それでも汚れが落ちないときは?

    ピーピースルーfは強力な洗剤ですが、それでも汚れが落ちない、詰まりが治らないことはあります。その時は、ぜひ専門の業者に相談することをおすすめします。

     

    水回りのトラブルを自分1人で全て解決することは難しいです。また詰まりが汚れ以外の他の原因によるものかもしれません。ピーピースルーで解決しない場合は業者への早めの相談で解決してしまいましょう!

    ピーピースルーfで排水溝の詰まりを自分で解決!

    ここまでピーピースルーfの効果や使い方、効かない時の対処法などについて紹介してきました。安全面には注意しつつ、正しい使用法で汚れを落とす効果をアップさせていきましょう!

    関連記事

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ