頑固な石鹸カスを落とす方法とは?おすすめ洗剤と予防策も解説!

お風呂場や洗面台などの水回りに白く浮き出た汚れ...これが「石鹸カス」です。石鹸カスの厄介なところは、水で流してこすっても落ちない頑固なこびりつきにあります。そこで今回は、石鹸カスができる原因や落とすための方法、予防方法などについて紹介していきます!

石鹸カスとは?

お風呂の浴槽や洗面器などに白く浮き出た汚れがこびりついてることってありますよね。この白い汚れこそ「石鹸カス」です。石鹸の泡などが流されないで残ってしまった汚れで、普通のお風呂洗剤ではなかなか落ちないため厄介です。

 

石鹸カスが全然落ちなくて、もはや放置している人も多いのではないでしょうか?今回は、そんな石鹸カスの正体や落とし方、予防方法などについて詳しくご紹介していきます!

石鹸カスの正体は?

石鹸カスの正体とは、お風呂で使ったシャンプーなどの石鹸成分が残ってしまったものです。しかし、なぜ本来は洗い流すための石鹸が頑固な汚れへと変貌してしまうのでしょうか?

石鹸と水道水が化学反応!

もともとはお湯で泡立てて使っていたはずの石鹸ですが、実は水道水に触れることで化学反応を起こします。これは、「脂肪酸ナトリウム」という石鹸に含まれる成分と、水道水に含まれる「カルシウム」の成分が反応しあって性質が変化してしまうためです。

 

これによって、石鹸カスは水に溶けず固くこびりつく性質をもった物資に変化します。石鹸カスは別名「金属石鹸」とも呼ばれており、スポンジでこすっても落ちない強力な汚れへと変化してしまうのです!

石鹸カスの放置で嫌な臭いなどに発展!

なかなか落ちない石鹸カス汚れですが、そもそも元は石鹸なのだから汚くないのでは?と思ってしまうこともあります。ところがこれは大きな間違い。体を洗った時の皮脂や汗を含んだ石鹸の残りであるため、固まって時間が経つと嫌な臭いが残ってしまうことがあります。

 

その他にも、洗面台などに白い汚れが残っていると見た目にも悪いですし、排水溝などに蓄積していくと詰まりの原因にもなります。またカビや雑菌の温床にもなってしまうので放置はおすすめできません。

 

やはり石鹸カスはしっかり落とした方がお風呂回りを清潔に保てますよ!

石鹸カスを落とす方法!

一度こびりついてしまった石鹸カスは、一般的なお風呂用洗剤を使ってこすっても落ちません。では、どのようにして石鹸カスを落としたらいいのでしょうか?

石鹸カスには酸性洗剤!

石鹸カスを落とすのに有効なのが酸性洗剤です。石鹸カスに含まれるミネラル成分はアルカリ性の性質をもつ物質が主になっているので、酸性成分で中和して溶かすことができます。このようにして石鹸カスをふやかすことで洗い流すことができます!

 

酸性洗剤の代表例として「お風呂用ティンクル」や「茂木和哉」などの洗剤がおすすめです。方法としては、キッチンペーパーなどに洗剤を染み込ませ、石鹸カスのある箇所に貼り付けて時間を置いておき、スポンジでこするだけで軽く落ちますよ!

 

スプレーなどで吹きかけるだけでなく、キッチンペーパーなどで「パックする」ように酸性洗剤で覆うことがポイントです。こうすることで、石鹸カスの汚れ全体に酸性洗剤を行き渡らせることができます!

石鹸カスにはクエン酸も効果的!

また、クエン酸などの身近にある溶剤でも石鹸カスを落とすことはできます。酸性洗剤に比べてパワーは劣りますが、食物由来のため家庭に常備している方も多いと思います。

 

方法は酸性洗剤と同様、石鹸カスの箇所を中和させて浮かせるためにキッチンペーパーなどに染み込ませて貼り付けます。

 

クエン酸よりも臭いはキツくなりますが、食用のお酢でも同様の効果が得られます。洗剤を新たに購入するのが面倒という方は、ぜひ試してみてください!

石鹸カスには重曹もおすすめ?

石鹸カスには重曹もおすすめです。重曹は掃除用洗剤として家庭に常備している人も多いのではないでしょうか?重曹はアルカリ性なのですが、重曹の粒がザラザラとした研磨剤の役割をして、石鹸カスを絡め取る効果があります。

 

また石鹸カスに含まれる皮脂汚れなどには、アルカリ性の重曹の方が効果を発揮するので、普通のお風呂洗剤としても効果的です!

 

酸性洗剤やクエン酸などでも効果が薄い時には、この重曹を使ってゴリゴリと削り取ってしまいましょう!

石鹸カスを予防するには?

とはいえ、石鹸カスの汚れを落とすのは大変...。石鹸カスを予防する方法はないのでしょうか?

毎日少しずつのスポンジ掃除で石鹸カスを予防!

石鹸カスを予防する1番の方法は、やはり毎日の少しずつの掃除のようです。水分の多いお風呂場や洗面台などで、石鹸が水道水に触れないようにするのは至難のわざです。石鹸カスが発生する前に落としてしますことが最も効果的な方法のです!

 

方法としては、石鹸泡があれば流す、石鹸カスが溜まりそうな床の溝などをスポンジでこする、そして一番は石鹸を使うごとに欠かさず掃除することです。毎日の掃除で石鹸カスを予防していきましょう!

毎日の一手間で石鹸カスを予防するのが一番?

ここまで石鹸カスのできる原因や落とし方、予防方法について解説してきました。基本的には酸性の溶剤で中和させて浮かす、重曹など研磨剤の役割のあるものでこすり取る、の二つが効果的です。

 

ただし、水回りの汚れは掃除し始めたら際限がないですよね。水の流れで見えないところまで汚れが増殖してしまいがちです。そのため、やはり毎日の一手間で汚れを少しずつ予防していくのがベストなのではないでしょうか!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ