記事ID123514のサムネイル画像

    自宅で本格的なハンバーガー作りに挑戦!簡単に作れるレシピを紹介。

    今回は自宅で作れる本格的なハンバーガーの作り方を紹介します。ハンバーガーは、お店で食べるイメージが多いかもしれませんが、自宅でもプロ顔負けの美味しいハンバーガーを簡単に作ることができます。家時間を利用して、自分だけのハンバーガー作りに挑戦してみましょう。

    そもそもハンバーガーって?

    ハンバーガーは、バンズと呼ばれる丸いパンの間にひき肉を成形したパティ(ハンバーグ)と野菜を挟んだ料理です。ハンバーガーの具材には、様々な物がサンドされるので、明確な定義はないと言われています。ハンバーガーの誕生は、諸説ありますが1904年に開催されたセントルイス万国博覧会にてハンバーグをパンに挟んだサンドイッチとして販売されたことが起源と言われています。

    ハンバーガーのカロリーは?

    ハンバーガーのカロリーは、バンズの種類や肉、具材の量などによって異なりますが、218g(1個)で422キロカロリーと言われています。

    自宅で作れるハンバーガーのレシピ

    それでは、早速自宅で簡単に作れる本格的なハンバーガーのレシピを紹介して行きます。

    【ハンバーガーレシピ】材料を準備する

    ・バンズ:2個

     

    ーーパティーー

    ・牛豚合い挽き肉:250g

    ・塩胡椒:小さじ2

    ・牛乳:大さじ2

    ・パン粉:大さじ2

    ・溶き卵:1/2個分

    ・ナツメグ:小さじ1/4個分

    ・薄力粉:大さじ1

    ・サラダ油:小さじ2

     

    ーー具材ーー

    ・トマト:1/4個分

    ・玉ねぎスライス:2枚

    ・チェダーチーズ(とろけるチーズ):2枚

    ・レタス:2枚

    ・ピクルス:1本

     

    ーーソースーー

    ・マスタード:小さじ2

    ・ケチャップ:小さじ2

    【ハンバーガーレシピ】食材をカットする

    トマトは、1cmの幅にスライスカット、ピクルスは縦に6枚程度薄切りにスライス、レタスはちぎっておきます。

    【ハンバーガーレシピ】パティを作る

    まずパン粉を牛乳に入れて浸しておきます。ボウルに合い挽き肉と塩胡椒を入れて粘り気が出るまで混ぜていきます。

    【ハンバーガーレシピ】パティの形を作る

    バンズの大きさに合わせてパティを円形に形作っていき、薄力粉をまぶします。

    【ハンバーガーレシピ】パティを焼く

    中火で熱したフライパンに油をひき、バンズを並べていきます。両面に焼き色がついたら、チェダーチーズを乗せて弱火で4-5分程度加熱します。中まで火が通り、チーズが溶けたら火から外します。

    【ハンバーガーレシピ】バンズを焼く

    バンズはオーブンで、3分ほど焼き目がつくまで焼きます。

    【ハンバーガーレシピ】バンズの裏側にマスタードを塗る

    バンズの下側にマスタード、上側にはケチャップを塗ります。

    【ハンバーガーレシピ】カットした食材とバンズをサンドする

    上で述べたレシピに記載している、レタス、パティ、ピクルス、玉ねぎ、トマトの順に重ねていき、バンズで挟みます。お皿に盛り付けたら完成です。

    ハンバーガーを調理する時のコツ

    こちらでは、自宅でよりハンバーガーを美味しく作るコツを紹介します。高級な食材を使わなくても、ちょっとした工夫でより美味しいハンバーガーを作ることが可能です。

    パテを作る時は、手は冷たい状態にする

    パティを作る際は、手を氷などで冷やしてから作るのをお勧めします。肉の油は熱で溶けてしまうため、暖かい手でパティを形成すると肉がまとまりにくくなる可能性があります。

    パティを作る時は、脂身を落として赤身のみで作る

    レシピでは合い挽き肉を使用しましたが、脂身を落とした赤身肉のみを使用してパティを作るレシピも存在します。脂身を減らすことで、油っぽさを控えたパティが完成します。脂身が多いパティより、さっぱりとした味わいを楽しめます。

    ソース作りには肉汁を使う

    ハンバーガーのソースには、色々な種類の物が存在しますが、ハンバーガーのソースを作る際には、パティを焼いた時に出る肉汁を使用するとコクが増すと言われています。

    東京で食べれる絶品ハンバーガーを紹介

    自宅でハンバーバーガーを作る前に、どんなハンバーガーを作りたいのか、人気店のハンバーガーを実際に食べてみると良いでしょう。ハンバーガーの具材には決まったレシピはありません。自分の一番好きなお店の味に近づけるように、レシピを考えながら家でハンバーガーを作るのも面白いかもしれません。

    【東京の絶品バーガー】シェイクシャック 外苑いちょう並木店

    ニューヨークが発祥のシェイクシャックです。ハンバーガーで使用されたパティは、アンガスビーフ100%を使用しており、さっぱりとした味わいが特徴です。

     

    ■シェイクシャック 外苑いちょう並木店

    [住所]東京都港区北青山2-1-15

    [営業時間]11時~22時(変更の場合あり)

    [定休日]不定休

    [アクセス]駐車場なし

     

     

    「シェイクシャック 外苑いちょう並木店」の詳細はこちら

    【東京の絶品バーガー】HENRY’S BURGER Akihabara(ヘンリーズ バーガー)

    アメリカンダイナーの様な外観が特徴のヘンリーズバーガーは、厳選黒毛を使ったパティが特徴です。繋ぎを使用しないため、肉本来の美味しさをギュッと閉じ込めたパティとなっています。サクサクのバンズの食感もパティとマッチします。

     

    ■HENRY’S BURGER Daikanyama(ヘンリーズ バーガー)

    [住所]東京都渋谷区恵比寿西1-36-6

    [営業時間]11時~21時

    [定休日]無休(年末年始・夏季休業あり)

    [アクセス]駐車場なし

     

     

    「HENRY’S BURGER Daikanyama(ヘンリーズ バーガー代官山)」の詳細はこちら

     

    【東京の絶品バーガー】AS CLASSICS DINER駒沢本店

    ハンバーガーには、ハンドチョップされたパティが使われており、アメリカ本場のハンバーガーのテイストを楽しむことができます。サワークリームやハラペーニョ、パイナップルなど具材をトッピングできるのも嬉しいポイントです。

     

    ■AS CLASSICS DINER駒沢本店

    [住所]東京都目黒区八雲5-9-22オリオン駒沢ビル1F

    [営業時間]9時~23時(22時30分 LO)

    [定休日]火曜日(火曜日が祭日の場合は営業。翌日水曜日振替休業)

    [アクセス]駐車場なし

     

     

    「AS CLASSICS DINER駒沢本店」の詳細はこちら

     

    家時間を利用して絶品ハンバーガーを作ってみませんか?

    いかがだったでしょうか?今回は自宅で作れるハンバーガーのレシピについて解説しました。難しい調理方法がないので、料理が苦手な人でも簡単に美味しいハンバーガーを作ることが可能です。ハンバーガーは、自分が好きな素材を自由に挟んで楽しめる自由なレシピが魅力の料理です。色々なハンバーガーを自宅で作ってみて、自分だけのオリジナルレシピを作ってみてはいかがでしょうか?

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ