記事ID123544のサムネイル画像

    部屋の防音対策をする方法は?防音のポイントや防音対策グッズを紹介

    今回は、部屋の防音対策について紹介します。賃貸物件の場合には、騒音が原因でトラブルにつながる可能性があります。自分の部屋に最適な防音アイテムを使用することで、効率的に防音対策をすることが可能。本コラムでは、防音のポイントから防音アイテムを紹介します。

    部屋の防音対策をDIYする方法は?

    「隣の部屋から音漏れがする......」「自分の部屋の音が、外や隣人の家に漏れてないか心配......」「賃貸だけど楽器の演奏がしたい」このようなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?マンションやアパートなどの集合住宅では、ついつい周囲の音が気になってしまいますよね......。

    そんな時は、賃貸でも取り付けることが可能な防音対策グッズを使用することをおすすめします。防音対策のグッズを使用すれば、賃貸物件でも施工することなく防音できます。

     

     

    部屋の防音対策のポイント

    それでは、部屋の防音対策をする際は、どのような観点から対策を施せば良いのでしょうか?防音対策は、 「吸音」「遮音」「防振」の3つのポイントを押さえることが重要です

    この3つのポイントを詳しく見ていきましょう!

    【部屋 防音】吸音

    「吸音」とは音の反射を防ぎ、音が室外に透過するのを防ぐ方法です。吸音を可能にする防音素材は、細かい穴が無数に空いており、その穴に音を取り込ませてから中で音を拡散。そうすることで、音が素材に吸収されて防音が可能となります。

    【部屋 防音】遮音

    「遮音」とは、空気の振動によって伝わる音を跳ね返すことで音が外に漏れないようにする方法です。遮音には、コンクリートや鉄板などが用いられる場合が多くあります。賃貸で施工が難しい住宅の場合、コンクリートの壁の物件などを借りる方法もあります。

    【部屋 防音】防振

    「防振」とは、音による振動を防止する方法です。日常生活などで発生する振動を、隣接している部屋などに伝えないようにする方法で、スポンジなどの柔らかい素材を使用して振動を抑制します。

     

    部屋の防音対策対策に必要なアイテムは?

    それでは、部屋に取り付けられる防音対策グッズはどのような物があるのでしょうか?こちらは壁、窓、ドアに最適な防音対策グッズを紹介していきます。防音対策を施したい場所や用途に応じて、最適なアイテムを購入するように心がけましょう。

    【部屋防音】部屋の床に使える防音対策グッズを紹介

    床は、賃貸住宅はもちろん戸建ての住宅でも振動や騒音を下の階や部屋に届けてしまいます。特に小さいなお子様やペットを飼っている場合には、子どもが跳ねたり、犬が走ったりする音や振動が伝わりやすいです。賃貸の場合では、下の階の住居者とのトラブルにも繋がるので、しっかりと防音対策を施すことをおすすめします。こちらでは、部屋の床に設置できる防音対策グッズを紹介していきます。

    【部屋防音】床に敷くだけ「床の防音シート」

    敷くだけ 床の 防音シート

    価格:1,742円(税込)

    楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    床に敷くだけで使用できる防音シートです。集合住宅のトラブルの原因にもなる、歩行音や落下の衝撃音を緩和。厚みが4mmあるのでラグマットの下に敷くことも可能です。また、吸着性にも優れているので、ズレにくいのも特徴です。優れたクッション性や菌・カビの繁殖を防ぐ効果もある防音シートになっています。

     

    【部屋防音】防音タイルカーペット「静床ライト」

    防音タイルカーペット「静床ライト」

    価格:11,000円(税込)

    楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    防音タイルカーペット「静寂ライト」は、特殊三層構造になっておりしっかりとした厚みがポイントです。このタイルカーペットは、防音性能を表す数値・LL-40レベルの防音性能を可能にしました。生活音から発生する騒音をしっかりとカットできます。

    【部屋防音】「床デコシート 防音タイプ」

    床デコシート 防音タイプ

    価格:2,100円(税込)

    楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    敷くだけで遮音・防音効果を発揮する防音マットです。ソフトな質感と断熱性を有しているため、幅広い使用が可能です。軽量でカッターナイフでカットすることもできるので、複雑な形状の床にもフィットさせることができます

    【部屋防音】部屋の窓に使える防音対策グッズを紹介

    次に紹介するのは窓に使える防音対策グッズです。窓は、住宅において最も騒音が侵入しやすい部分と言われています。窓は、窓を開閉するための隙間が存在しているため、その隙間から音が侵入しやすい構造になっています。また、窓は壁や天井に比べて薄くなっているので、音が伝わりやすいという特徴があります。

     

    自身の住宅が、賃貸なのか持ち家なのかによって防音対策の方法も変わって来るので、用途に応じて最適な窓の防音対策グッズを選択しましょう

    【部屋防音】オーダーメイド「窓用ワンタッチ防音ボード」

    窓用ワンタッチ防音ボード

    価格:111,100円(税込)

    楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    窓枠の内側に収まるように加工されているので、窓枠を傷付けずに二重サッシと同じ効果が期待できます。このワンタッチ防音ボードは、オーダーメイドの商品になるため、部屋の窓に最適なサイズで注文できます。持ち手もついているため、開閉も簡単です。

    【部屋防音】ひっかけるだけ「かんたん防音ライナー」

    かんたん防音ライナー

    価格:12,100円(税込)

    楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    部屋の会話が外に漏れていないか不安な方や、部屋に入る光の眩しさが気になる方におすすめなのが、この「かんたん防音ライナー」です。

    この防音ライナーは、使っているカーテンにひっかけるだけで使用できるため、見た目や部屋の雰囲気を変えることなく設置できます。二枚の生地を貼り合わせているので、高い防音性はもちろん、遮熱効果にも優れています。そのため、断熱性がアップし冷暖房の効率もUPします。

     

    【部屋防音】賃貸でも簡単「QonPET吸音材」

    QonPET吸音材

    価格:2,579円(税込)

    Yahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    「Qon PET(キューオンペット)」は、特殊表皮とフェルトの組み合わせで優れた吸音性を持つ吸音材です。優れた防音性と耐久性でしっかりと、騒音をシャットダウンできます。ベランダの窓などにはめ込むことができるので、賃貸でも簡単に取り付けることが可能です。

    【部屋防音】部屋のドアに使える防音対策グッズを紹介

    ドアは、窓と同じくらい音が外に漏れる場所の一つです。壁に比べて厚みがなく、隙間が空いているため音が漏れやすい構造になっています。こちらでは、部屋のドアの防音対策が可能なグッズを紹介します。

    【部屋防音】リクシル「簡易防音ドア(プライベートドア)」

    リクシル

    簡易防音ドア(プライベートドア)

    価格:0円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    「リクシル・プライベートドア」は、高い防音性を有したドアです。小音ラッチが搭載されているので、ドアノブの音も軽減。こちらは、賃貸物件では施工ができませんが、戸建ての住宅の場合に高い防音効果が期待できます。

    【部屋防音】省エネにも期待「隙間テープ」

    隙間テープ

    価格:1,304円(税込)

    Yahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    「隙間テープ」は、部屋の窓や玄関などの隙間に貼って使用できるテープです。隙間風は、もちろんゴミや虫が入って来るのを抑制します。カラーも白なので、目立つことなく貼ることが可能です。隙間を埋めることで冷暖房の風が逃げないため、省エネ効果も期待できます。

    【部屋防音】部屋の壁に使える防音対策グッズを紹介

    マンションやアパートなどの賃貸物件に住んでいると、壁からの騒音が気になる方も多いのではないでしょうか?また、自分の部屋の音が外や隣接している部屋に漏れていないかどうかも気になりますよね......。壁は窓やドアに比べて厚さはあるものの、壁の材質や厚さによって音が漏れやすい可能生があります

     

    部屋の壁に使える最適な防音対策を施すことで、賃貸でもしっかりと防音対策をすることが可能です。こちらでは、部屋の壁に使える防音対策グッズを紹介していきます。

     

    【部屋防音】貼って剥がせる「クッション木目シート」

    クッション木目シート

    価格:5,340円(税込)

    楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    この「木目シート」は、賃貸物件の部屋でも使える貼って剥がせるタイプのシートです。木目柄なので、部屋の模様替えを簡単にできるため、インテリアをおしゃれにする効果も期待できます。シートのサイズは「約75cm×約66cm×1cm」となっており、衝撃の吸収効果や断熱・保温効果に優れています。簡単に折り曲げることができるので、部屋の壁にも設置することができます。

    【部屋防音】洗って何度も使える「硬質吸音フェルトボード」

    硬質吸音フェルトボード

    価格:33,000円(税込)

    Yahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    「防音壁・硬質吸音フェルトボード」は、壁面をDIYすることで簡単に防音対策ができるボードです。壁に貼り付けるだけなので、取り付けも簡単。賃貸の部屋の壁紙を傷つけたくない場合には、虫ピンなどを使用して固定します。そうすることで、外した時にも穴は目立ちません。またコンクリートの壁の場合は、ホットメルトや養生を使用することで安心して取り外しをすることが可能です。さらに、汚れやホコリが気になる場合には、掃除機で吸引したり洗って干したりするだけで、何度でも使用できます

    【部屋防音】壁を傷つけない「ワンタッチ防音壁」

    ワンタッチ防音壁

    価格:15,500円(税込)

    楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ワンタッチ防音壁は、賃貸でも壁を傷つけることなく設置することが可能です。壁のサイズを測って注文することができるので、部屋の壁に最適なサイズで取り付けることができます。両面テープや突っ張り棒で設置することが可能なので、設置に慣れていない女性でも簡単に設置できます。



    自分の部屋に最適な防音アイテムを使用して、快適な空間を作ろう!

    いかがだったでしょうか?今回は、部屋の防音対策について紹介してきました。防音対策を部屋に施すことで、騒音や雑音をカットするだけでなく、断熱・保温・保冷性の効果も期待できるので省エネにもつながります。しっかりと部屋の防音をすることで、映画や音楽もより楽しむことができますね!

     

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ