記事ID123556のサムネイル画像

    無印良品の家とは?家の特徴・価格や間取りは?おすすめの家具も紹介

    無印良品が手掛ける「家」をご存知ですか?無印良品の家には、「木の家」「窓の家」「縦の家」「陽の家」の4つのコンセプトの住宅があります。無印良品らしいシンプルなデザインの中にも温かみを感じる無印良品の家について紹介していきます。

    無印良品の家とは?

    無印良品の家とは、高い耐久性と機能的な設備を兼ね備えた無印良品が手掛けた住宅です。家族構成や生活の志向に合わせて永く使える、変えられる、自由に使えす住みやすい家という考えの上で設計されているようです。

     

    無印の家には、「木の家」「窓の家」「縦の家」「陽の家」の4つのコンセプトの住宅があります。無印良品の家は、暮らしに合わせて作り変えることができる住宅となっており、耐震強度にも優れています。また、四季に寄り添いながら1年を通して「ちょうどよい」室温を保つように設計されているため、住む人に優しい住宅となっているようです。



    無印良品の価格は?

    それでは、無印良品の家の価格はいくらなのでしょうか?無印良品の家の4つのタイプごとに基本的な金額を紹介します。

    無印良品の家の価格

    ・「木の家」9.10m×7.28m(5間×4間)の場合:17,210,000万円

    <木の家>

    https://www.muji.net/ie/kinoie/

     

    ・「窓の家」8.19m×6.37m(4間半×3間半):17,390,000万円

    <窓の家>

    https://www.muji.net/ie/madonoie/

     

    ・「縦の家」4.55m×8.19m(2間半×4間半):2,369,000万円

    <縦の家>

    https://www.muji.net/ie/tatenoie/

     

    ・「陽の家」11.83m×8.645m(6間半×4.75間):1,699000万円

    <陽の家>

    https://www.muji.net/ie/younoie/

     

    ※金額の詳細をご確認されたい方は、別途無印良品の公式サイトをご確認ください。

     

     

    無印良品の家はどんなタイプの住宅があるの?

    上述したように無印良品の家には、4つのタイプが存在します。こちらでは、無印良品の住宅タイプについて解説します。

    【無印良品の家】木の家

    無印良品の「木の家」は、伝統的な日本家屋の仕組みが取り入れられた「箱型の家」になっています。吹き抜けを中心に仕切りがない設計や木造建築ながら、壁が少ない設計になっているので、開放感があり広々とした居住空間を生み出しています。



    【無印良品の家】窓の家

    窓からの形が一枚の絵のように見えるように、フレームをなくした「ピクチャーウィンドウ」や窓の役割を翻安してできたのが「窓の家」。ディティールの整合性にも拘った設計は、ありそうでなかった住宅の形を表現しています。風や光が優しく窓から入る、外と繋がる自由を大切にした住宅となっています。

     

    無印良品 窓の家

    【無印良品の家】 縦の家

    「年の利便性と引き換えに、家そのものの快適性を我慢しない」というコンセプトで開発されたのが、「縦の家」です。間仕切りがなく、どの窓からでも光や風が部屋中に行き渡る設計になっています。スキップフロアを繋ぐ階段を建物の中央に設置。階段そのものを居住空間として考えられているとのことです。



    【無印良品の家】陽の家

    「住む人のライフスタイルが多様化する現在、ミニマルでシンプルな家が必要と考えて設計されたのが「陽の家」です。陽の家は、日本の伝統的な「平家」をモチーフに作られています。室内の床とウッドデッキが、シームレスに繋がるので庭と繋がる家でもあります。外壁は木材の温かみと国産の杉材を使用し、メンテナンス性にも優れているとのことです。大きな三角屋根は、天井を高く見せる効果が期待できるので、平家でも開放感を感じる設計となっているようです。



    【無印良品の平家】

    無印良品の小屋とは?300万円で家が買える?

    無印良品の小屋は、装飾や機能を最小限に抑えた設計と「はじまりの小屋」をコンセプトに設計された小屋です。また、「誰もがもつ小さな憧れをかたちにする道具として、家や別荘ほど大げさではなく、旅ほど気楽でもないまっさらな小屋」というコンセプトで開発された無印の小屋は、都会での小屋のある暮らしを実現するプロジェクトがはじまりだったそうです。価格も税込み300万円(オプション別)となっており、セカンドハウス感覚で購入する利用者も多いようです。



    無印良品の家は、無印良品の家具で飾る

    無印の家や無印の小屋に住むなら、家具や日用品も無印良品で統一してみてはどうでしょうか?無印良品の家の家具は、無印良品で揃えるのがおすすめです。こちらでは、無印良品で人気のアイテムについて解説します。



    【無印良品の家】無印良品のベッド

    シンプルなデザインが、どんなインテリアとも馴染むベッド。シンプルでどんな部屋にも合うベッドから、ヘッドボールや収納を組み合わせることができるベッドもあり、好みのスタイルにカスタマイズできます。



    【無印良品の家】無印良品の収納

    無印良品の収納アイテムは、シンプルなデザインで汎用性優れています。ステンレス性から木製まで、幅広い収納アイテムが存在。ナチュラルなニュアンスと同じ商品を重ねて使える収納ケースなども多数あるので、自分の部屋にピッタリな収納アイテムを見つけることが可能です。



    【無印良品の家】無印良品のソファ

    コンパクトなスペースで使用できる物から、ソファベンチタイプの物まで様々なスタイルを叶えることができるのが、無印良品のソファです。カラーバリエーションが豊富なもの、組み合わせが自由な物など幅広いソファを揃えています。



    【無印良品の家】無印良品のゴミ箱

    無印良品のゴミ箱は、狭い隙間にもフィットする丁度良い幅が魅力です。また、本体と蓋が別売になっているアイテムもあり、置く場所に応じてカスタマイズすることが可能です。また、木の温もりを感じるウッドデザインのゴミ箱もリリースされており、自分好みのインテリアを完成させます。

    化粧品や日用品も無印良品のアイテムを利用する

    無印良品には、家具はもちろん日用品も充実しています。こちらでは、無印良品の日用品を紹介します。無印良品の家に住んだら日用品も無印良品で揃えてみてはいかがでしょうか?



    【無印良品の家】無印良品のマスク

    無印良品の「繰り返し 使える 2枚組・三層マスク」。通気性と吸気に優れた綿100%のマスクに、抗菌防臭加工が施されています。シンプルなデザインやソフトタッチな肌触りも嬉しいポイントです♪

    【無印良品の家】無印良品の化粧水

    岩手県釜石の天然水を使用したスキンケアシリーズです。乾燥が気になる敏感肌にうるおいをたっぷり与えて保護します。



    【無印良品の家】無印良品のパジャマ

    シンプルなデザインでありながら、肌の触り心地が良いパジャマ。脇に縫い目がないため着心地も快適です。シンプルなデザインはもちろん、ソフトタッチな着心地も嬉しいポイント♪



    【無印良品の家】無印良品のリュック

    重さを感じさせない設計が嬉しい無印良品のリュックです。ファスナーが大きく開く構造になっているので、パソコンなどを入れてもしっかりと収納可能。通勤・通学からプライベートまで、幅広い用途で使うことが可能です!



    無印良品の家で、“自分にとっての丁度良い暮らし”をしてみませんか?

    いかがだったでしょうか?今回は、無印良品の家について紹介してきました。無印良品の家は、シンプルでありながらディティールに拘った、住む人のことを第一に考えた住宅です。自分に何が必要なのかを考えた、シンプルな住宅に住むことで、心も整理されるかもしれませんね。



    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ