記事ID123584のサムネイル画像

    ドイトとは?DIYの強い味方でもあるホームセンターをご紹介します。

    みなさん日本初のDIY専門店の「ドイト」を知っていますか?首都圏を中心に展開するホームセンターですが、現在はドンキホーテを運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの傘下として経営を続けています。今回はそんなドイトについて紹介します。

    ドイトとは

    みなさん日本初のDIY専門店(ホームセンター)の「ドイト」を知っていますか?首都圏を中心に展開するホームセンターですが、現在はドンキホーテを運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの傘下として経営を続けています。そんなドイトでは、DIYに便利なグッツが多数購入できるので、今回はそんなドイトの魅力を紹介していきたいと思います。



    ホームセンター「ドイト」の沿革

    それではまず最初にドイトの歴史について簡単に紹介します。ドイトはどのようにして誕生したのかみていきましょう。



    ドイト株式会社時代

    ドイト(DOIT)は、かつてドイト株式会社が運営するホームセンターとして誕生しました。ドイトは「Do  It  yourself」の頭文字をとったことが名前の由来とされています。



    ドン・キホーテ傘下時代

    2006年12月、ディスカウントストア大手のドン・キホーテ(ドンキ)が経営支援に乗り出し、新旧分離で新たにドイトを設立。同社が実施した10億円以上にのぼる第三者割当増資を引き受け、人材を派遣しました。ドン・キホーテはドイトを2007年1月に子会社化し、旧ドイト(現:サンフラワー)は同年2月13日に解散を決議。2月20日には特別清算が開始された。負債総額は約108億円と報じられた。

    リフォーム特化型の新業態「ドイト ウィズ リ・ホーム」

    2014年4月にオープンした「タウン・ドイト東向島店」をリニューアルし、「プロと一緒にできるリフォーム」・「お客さま自身で行うリフォーム」・「プロにお任せするリフォーム」の3つのリフォームスタイルを提案するドイト ウィズ リ・ホームが誕生。

    リニューアル後の店舗は、店舗近隣の住宅事情によるリフォーム需要の高まりを受け、リフォームに関するサービスや品揃えを強化するとともに、金物・工具・塗料などのDIY用品や季節家電・電気資材等を豊富に取り揃える形となりました。



    「ドイト」の魅力

    それではドイトの魅力はどのような物があるのでしょうか?こちらでは、ドイトの魅力を紹介していきます。



    DIYの強い味方

    ドイトはDIYに特化した多数のアイテムを豊富に取り揃えています。また、リフォームに特化したアイテムを販売していることから、子どもようの小屋の作成など幅広いリフォームアイテムを販売しているようです。



    ホームセンターならではの取り組み

    ドイトでは工具などの販売がメインではなく、リフォームを中心におこなっている店舗も多くあります。リフォームでは、「プロにお任せ」、「プロと一緒にする」、「DIYで自分でする」と選べるのも特徴です。



    DIY初心者も安心の経験・知識豊富なスタッフ

    リフォームに特化しているからこそスタッフも専門知識を持った豊富なスタッフが在籍しています。納得いくまでリフォームの相談ができるのも嬉しいポイントですね。



    DIY好きも初心者もホームセンター「コーナンドイト」に行ってみよう!

    いかがだったでしょうか?駆け足になりましたが、今回はドイトについて紹介してきました。一般的なホームセンターとは異なり、リフォームに特化したこのホームセンターなら、DIYの幅も広がりそうですね!ぜひ今度の休日は、ドイトまで行ってみませんか?



    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ