玄関にオシャレな屋根を付けたい!玄関の屋根の種類を調べてみました

    玄関に屋根が欲しい、玄関に屋根があるとメリットもたくさん。玄関の屋根の大きさは?どんな種類があるの?素材は?いろいろな玄関の屋根を集めてみました。玄関に屋根をつけたいと思っている方、後付けできる玄関屋根もありますので見ていってくださいね。

    玄関屋根の有る無しで何が変わる?

    雨、雪の進入を防ぐ

    玄関屋根の最大のメリットは雨、雪の進入を防ぐこと、玄関を開けたときに雨などの吹き込みが中まで入ることもありますよね。雨が入れば玄関は水などで汚れます。それらを防ぐのに屋根は重要なんです。

    また、玄関ポーチで傘などの雨具をたたんだりするのにぬれない場所という意味でも屋根があるのとないのでは違いますね。屋根がなければぬれた傘をそのまま中に持ち込んだりたたむときにびしょぬれになってしまったりしますよね。

    日よけ効果

    玄関の向きにもよりますが、日差しをもろに受けてしまう玄関の場合は日よけが重要です。

    特に夏場は日に当たる場所と日陰になっている場所とでは温度差が4度程度あるそうです。

    外気が入ってくる玄関や窓などのに日よけをすることは室内の温度も下げる効果があります。

    目隠しを兼ねて!

    玄関の目隠しをかねたタイプ(エントランスポーチ)の屋根もあります。

    雨や雪などの進入はもちろんですが玄関を出たときの周りの視線なども気になりません。また、自転車などを置いたり、ごちゃごちゃしたものを隠せるというメリットもある商品で、中には収納付きのものもあります。

    デザイン性

    玄関の屋根は建物のデザインの一部でもあります。
    こんな可愛い屋根の玄関もありました。

    オシャレな屋根をつけて建物をセンスアップしてみませんか?

    玄関の屋根の大きさは?

    玄関の屋根の大きさ、できればこのぐらい欲しいものです。玄関から玄関アプローチまで雨にぬれずに出られたらいいですね。

    ですがほとんどのお宅ではなかなかこんなに広い屋根を付けられるお宅はありませんよね。それは住宅の事情もあります。

    柱のある玄関の屋根などは建築面積に含まれます。逆に柱のない庇だけの玄関屋根は含まれません。ただ1mを越える場合は出た分だけ含まれてしまいます。

    住宅を建てるときには建蔽率というものがあり、その敷地に建てられる建物の割合が決まっています。その割合がすでにギリギリの場合は玄関の屋根の大きさにも気をつけなければいけません。

    とはいえ、玄関を開けて雨にかからないで扉を閉められる広さの屋根が欲しいですよね。

    建蔽率ギリギリで柱のない玄関屋根を作る場合は、建築面積に含まれない1m未満、一般的には90cmで作られる方が多いようです。

    それでは、玄関の屋根の種類をいろいろ見ていきます。

    玄関屋根のいろいろ ①

    和風の玄関屋根、白い壁に木材のナチュラルな色合いがいいですね。

    軒裏の作りが見えるのが和風の屋根の素敵なところですよね。張り出した感じがとってもかっこいいです。

    おしゃれな北欧風の玄関、でもどことなく和風っぽさも入ってますね、濃い落ち着いた色合いの柱や軒桁がかっこいい玄関屋根ですね。

    大きく張り出した玄関屋根に天然の木をそのまま柱に!

    これは見た目も楽しくておしゃれで他にはない玄関屋根ですね。

    三角の玄関ポーチに合わせて屋根も三角、柱の格子は目隠しにもなり木材の質感が建物のワンポイントにもなっていてとてもオシャレですね。

    広くて大きな玄関屋根、
    柱や軒桁も太く安定感があって立派ですね。これだけの広さなら来客が多いお宅でも対応できますね。

    三角屋根が特徴の玄関、
    雪が降ると屋根には雪が積もります。こちらの玄関の屋根は傾斜がわりと付いているので雪が積もりにくそうですね。

    玄関屋根のいろいろ ②後付タイプ

    玄関にバーゴラ屋根、
    バーゴラはぶどう棚や藤棚にする用の木の骨組で、最近はウッドデッキの屋根にも使われていますよね。玄関屋根に使うのも素敵ですね。

    アルミ製の玄関屋根、
    見た目も軽くてデザインもシンプルなので玄関やテラスの屋根に後から付けてもいいですね。

    三協アルミのシャルレという屋根材、木目調の枠で建物と色の調和もよくて素敵ですね。素材はポリカーボネートやFRP板などから選べます。 


    オシャレな玄関屋根、骨組みはロートアイアン風のアルミで屋根材はポリカーボネートなので暗くならず雨をしのげるのがいいですね。

    YKKのヴェクターテラスという屋根材、カーポートやテラスの屋根として使われることが多いですが、玄関の屋根にもいいですね。奥行きもあるので雨の強い日でも安心ですね。

    おしゃれで独創性のある玄関屋根、
    足場用の単管や工事現場を囲う鉄板などでデザインされた屋根なんだそうです。モダンな雰囲気の建物にあっていて素敵ですね。

    厚み10mmの2重強化ガラスでできた玄関屋根、
    枠などもなく建物の雰囲気を壊さないデザインですね。ガラスの透明感が未来的な感じでとてもいいですね。

    アルミ製のメッシュの玄関屋根、
    メッシュなので暗くなりすぎず適度に明るさが透けているのがいいですね。白い玄関、グレーの外壁に色合いも馴染んでいてグッドです。

    玄関にオシャレな屋根をつけよう!

    玄関屋根の種類、いかがでしたか?
    こんな素敵な玄関屋根も見つけました。

    玄関は家の顔でもあります。これから家を建てるという方は玄関の屋根にこだわってみるのも悪くないですよ!また、後付できる玄関屋根もたくさんありました、玄関の屋根がなくて困っている、不便に感じるという方はぜひ考えてみてくださいね。

    関連するまとめ

    このまとめに関するまとめ

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気のまとめ

      TOPへ