記事ID123551のサムネイル画像

    木材の塗装は簡単?屋外と屋内で最適な塗料は?

    「屋外の木材に塗装したい」「木材の塗装に挑戦してみたいけど、仕上がりが綺麗になるか不安」「木材に最適な塗料にはどのような物があるの?」今回は、素人でも簡単に木材を塗装できる方法やおすすめの木材の塗料を紹介していきます。

    木材の塗装を失敗しない方法は?

    「屋外の木材に塗装したい」「木材の塗装に挑戦してみたいけど、仕上がりが綺麗になるか不安」「木材に最適な塗料はどのような物があるの?」このように木材の塗装についてのお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか? 木材を使用したDIYには、木材を塗装して自分好みの色合いを楽しみたいと考えている方も多いと思います。今回は、素人でも簡単に木材を塗装できる方法やおすすめの木材の塗料を紹介していきます。

    木材の塗装を上手におこなう方法は?

    それでは、木材を上手に塗装する際はどのようなポイントに気を付ければ良いのでしょうか?こちらでは、木材を上手に塗装する方法について紹介していきます。

    木材の種類や用途に最適な塗料を選択する

    木材を塗装する際には、使用用途に最適な塗料を選択することを心がけましょう木材用の塗料は、様々な商品が販売されており、機能や用途は様々です。例えば、屋内で使用する際には木の風合いを感じることができる、ペットや子供などへの刺激が低い物を選択。また、屋外では紫外線による変色を抑制する塗料や撥水性に優れた物などを使用するようにしましょう。

     

     

    用途にそぐわない塗料を選択してしまうと、木材に塗装してもすぐに塗料が落ちてしまうことがあります。

    下地をしっかりと塗る

    木材に塗料を塗布すると言ってもただ塗装すれば良いわけではありません。木材の塗装には、綺麗に仕上げるための工程があります。木材に塗装する前に下地処理を施すことで、塗料がしっかりと木材に付着し綺麗な仕上がりとなります。下処理に手を抜くとどんなに性能が良い塗料を使っても、綺麗に仕上がらないので、注意が必要です。

    塗装する木材の用途が屋外用か屋内用かを考慮する

    上述したように屋外・屋内で塗料の種類を使い分けるようにしましょう。屋外の塗装をおこなう場合には、雨の日には塗装しないようにしましょう。雨の日に塗ると塗料に不具合が生じて、木材に綺麗に塗料を塗布することができない場合があります。

     

     

    屋外の塗装をおこなう際は、晴れの日に塗装をしてしっかりと塗料が乾く環境を整えることが重要です。

    【木材の塗装】屋内での塗装に最適な塗料

    木材に使用できる塗装できる塗料は、ホームセンターやネットで購入することが可能です。また屋内と屋外の用途で異なった塗料が販売されています。こちらでは、屋内での木材の塗装に最適な塗料を紹介していきます。

    「WOODLOVE オイルステイン」

    アイテムID:4044934の画像1枚目

    出典:

    • アイテムID:4044934の画像1枚目

    WOOD LOVE オイルステイン

    価格:1,762円(税込)

    Yahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    木材ならではの自然な美しさを演出できる「WOOD LOVE オイルステイン」木材に対して優れた浸透性があり、木目を荒らさずに仕上がりが綺麗になります。水性タイプより浸透性に優れているので、木目を美しく際立たせることが可能です。

    体に優しい「春風」

    アイテムID:4044936の画像1枚目

    出典:

    • アイテムID:4044936の画像1枚目

    塗料 体に優しい”春風”(7色・750ml/2.5L)

    価格:6,350円(税込)

    HPで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    春風は、インテリアのあらゆる木部(フロアー・壁・家具など)の保護用オイル系、低臭タイプ塗料です。

     

     

    天然由来原料をベースにし、安全・健康・自然環境に考慮した塗料になっています。自然塗料のため、シックハウス症候群の原因と言われた13物質を使用していないのもポイントです。室内でも安心して使用できます。

    日本製のターナー色彩「ターナーミルクペイント」

    アイテムID:4044938の画像1枚目

    出典:

    • アイテムID:4044938の画像1枚目

    ターナー ミルクペイント

    価格:1,460円(税込)

    楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    「ターナーミルクペイント」は、淡い優しい色合いが特徴のマットな色味が出る塗料です。ミルクカゼインと呼ばれる自然由来の成分でできています。水性塗料なので、屋内外の壁やテーブル、椅子などの木材に塗装できます。下地処理やニスの仕上げによって、仕上がりの異なる風合いを楽しめる木材塗料になっています。

    【木材の塗装】屋外での塗装に最適な塗料

    それでは、屋外用の木材の塗装に優れた塗料を紹介していきます。

    大阪ガスケミカル「キシラデコール」

    アイテムID:4044943の画像1枚目

    出典:

    • アイテムID:4044943の画像1枚目

    大阪ガスケミカル キシラデコール

    価格:32,230円(税込)

    楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    「大阪ガスケミカルキシラデコール」は売から50年以上親しまれ、公共施設や文化財でも使われている木材保護塗料です。心者でも簡単に使えて色ムラが少ない特徴があります。日差しや雨にも強く木材の質感を保つことが可能です。浸透タイプで表面に膜を張らないため、木の通気性をキープします。

    吉田製油所「スーパーウッドステイン」

    アイテムID:4044945の画像1枚目

    出典:

    • アイテムID:4044945の画像1枚目

    吉田製油所 スーパーウッドステイン 4L

    価格:29,664円(税込)

    楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    吉田製油所スーパーウッドステインは、撥水効果に優れた塗料で雨や湿気から木材をしっかりとカバーします。また、浸透性にも優れているので防カビ・防虫・防腐にも最適。油性タイプ独特の粘り気が少ないので、ハケやローラーでも綺麗に木材に塗布することが可能です。油膜の浮きもないので、綺麗な仕上がりも嬉しいポイント。

    ニッペホームプロダクツ「水性ウッディガード」

    アイテムID:4044947の画像1枚目

    出典:

    • アイテムID:4044947の画像1枚目

    ニッペホームプロダクツ 水性ウッディガード

    価格:1,155円(税込)

    楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ニッペホームプロダクツ 水性ウッディガード」は、ウッドデッキなどの屋外の木部・木製品の塗装に最適な塗料です。速乾性に優れているので、乾きやすいのも嬉しいポイント。また、塗料独特の匂いを軽減し粘度も低いので、ハケやローラーでも塗装しやすいのも特徴です紫外線を吸収する成分を配合しているので、日差しによる色の変色などを抑える効果も期待できます。

    木材を塗装するための塗料の値段は?

    木材をDIYで塗装する際のおおよそ値段は、1~4万円を目安に考えておくと良いでしょう。専門の業者に依頼をした場合には、4~30万円と金額に幅が出てしまいます。業者に依頼をすると人件費や出張費、塗装代金、作業代金などが加算されていきます。予算を抑えて木材を塗装したい場合は、やはり自分でDIYすることをおすすめします。

    木材を塗装する際の注意点は?

    それでは、木材を自分で塗装する際にはどのような点に注意する必要があるのでしょうか?事前に木材を塗装する際の注意点を確認することで、仕上がりをより綺麗にすることができます。

    【木材の塗装】塗装する前にはカビを除去する

    木材には、カビが付着している場合があります。表面的なカビはやすりで取り除き、根深いカビは木材用の漂白剤を使用することでカビ菌を根絶できます。カビをしっかりと除去し、防カビ剤配合ペンキを塗装することで仕上がりが綺麗になるだけではなく、カビの発生を抑制する効果も期待できます。

    【木材の塗装】保証期間に注意する

    木部塗装では、その耐用年数が一般的な塗料より短い場合があります。一度購入した木材用塗料を再度使用する際は、使用期限をしっかりと確認することをおすすめします。

    【木材の塗装】自分で塗装した場合、色落ちしやすくなる場合がある

    自分で木材を塗装する場合には、下地処理をしっかりとおこない、用途にあったペンキを使用しましょう。自分でDIYすることで、費用は抑えられますが、専門業者と比べて上手に塗装できない可能性もあります。木材の用途に合っていない塗料を使用してしまった場合には、木材が劣化したり色落ちが発生しやすくなる場合があるので注意が必要です。

    木材の用途に応じた最適な塗装を心がけましょう

    いかがだったでしょうか?今回は木材の塗装に最適な塗料を紹介していきました。木材の用途に応じた最適な塗料を選択して塗装することで、素人でも綺麗な仕上がりにすることが可能です。木材を塗装する際の注意点をしっかりと確認し、DIYを楽しみましょう!

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ